ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

宮城県広域火葬計画について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月14日更新

  広域火葬とは、大規模災害等の発生により市町村や行政組合が運営している火葬場の能力を超える死者が発生し、被災市町村内の御遺体の火葬を行うことが不可能になった場合において、被災地周辺の火葬場を活用して広域的に火葬を行うことを言います。

  県では、宮城県地域防災計画に基づき、大規模災害発生時等における広域火葬を円滑に実施するため、県、市町村及び火葬場設置者が行うべき基本的事項について定めた「宮城県広域火葬計画」を策定しました。

 宮城県広域火葬計画 [PDFファイル/186KB]

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)