ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ふぐの取扱いについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月22日更新

宮城県内(仙台市を除く)における「ふぐ」の取扱いについて

 ふぐの調理・加工・販売(以下、販売等)を行うには「登録者」の資格や営業の届出が必要です。

  1. 「登録者」(ふぐ取扱者)の申請をしたい方 ・・・「登録者」になるには
  2. ふぐ取扱者講習会を受けたい方 ・・・・・・・・・ふぐ取扱者講習会について
  3. ふぐ販売等の営業を行いたい方 ・・・・・・・・・ふぐ販売等営業の届出
  4. その他の情報・・・・・・・・・・・・・・・・・・問い合わせ先、参考リンク

「登録者」になるには

以下(1)~(3)のいずれかを満たすことで「登録者」になることができます。
従事するふぐ取扱施設(又は居住地)を管轄する保健所において申請を行ってください。

(1)宮城県知事が行う「ふぐ取扱者講習」を受講した者
(2)他自治体のふぐ条例に基づくふぐ調理者免許を有する者
(3)他自治体のふぐ取扱講習会等を受講した者

 
◇ 登録の申請
(1) 宮城県知事が行う「ふぐ取扱者講習」を受講した者

講習会修了後、名簿に登録され、後日「登録済票」が交付されます。
改めて申請を行う必要はありません。

(2)宮城県を除く都道府県等のふぐ条例に基づくふぐ調理者免許を有する者
(3)宮城県を除く都道府県等のふぐ取扱講習会等を受講した者 

申請事項が名簿に登録され、後日「登録済票」が交付されます。
従事するふぐ取扱施設(又は居住地)を管轄する保健所において申請を行ってください。

◇ 登録済票の書換え

登録済票の記載事項に変更が生じた場合

◇ 登録済票の再交付

登録済票を著しくき損・汚損又は亡失した場合

  • 申請書・・・登録済票再交付申請書(様式8号) [Wordファイル/43KB]
  • き損・汚損の場合には申請時に登録済票を提出していただきます。
  • 亡失の場合、本人確認書類(運転免許証、健康保険証等)をご持参ください。
  • 亡失による再交付後、亡失した登録済票を発見した場合は5日以内に返還してください。
◇ 登録済票の返還

登録者が死亡又は失そうの宣告をうけた場合

 

ふぐ取扱者講習会について

登録者のもとで販売等の実務経験を経た方が「登録者」となるための講習会です。
 ※他自治体で免許等を取得されている場合は、原則として講習会の受講が免除されます。
宮城県では仙台市と合同で2年に1回講習会を開催しています。

  • 次回は平成30年度秋頃の開催予定です。詳細が決まりましたらこのページに掲載いたします。

受講要件等(参考)

 ※要綱の改正等によって変更になることがあります。開催年度に掲載される実施要領を必ずご確認ください。

 
◇ 受講区分
(1)販売未処理のふぐの販売を行い、営業者及び登録者間の取引をする者
(2)調理・加工・販売未処理のふぐを調理又は加工し、販売する者
◇ 受講要件
(1)販売 ふぐの取扱い施設において、登録者(ふぐの販売を行う者に限る。)又は同等の資格を持つと知事が認める者の監督の下で、ふぐの販売に関する経験がおおむね過去5年以内に2年以上ある者。
  • ふぐの取扱い施設とは、本県に届出を行ったふぐ販売等を行う施設を指します。また、施設が他都道府県の場合は、ふぐの取扱い等に関する条例又はふぐ販売等に係る登録制度等を採用している都道府県等において免許又は登録を受けた施設を指します。
(2)調理・加工・販売 (1)の施設において、登録者(ふぐの調理又は加工を行う者に限る。)又は同等の資格を持つと知事が認める者の監督の下で、ふぐの調理・加工に関する経験がおおむね過去5年以内に2年以上ある者。

 

ふぐ販売等営業の届出

 ふぐの販売等を行う場合には、営業所ごとに保健所への届出が必要です。
 手続きについては施設の所在地を管轄する保健所へご相談ください。

 
◇ 営業の届出
  • 申請書・・・ふぐ販売等営業届出(様式1号) [Wordファイル/48KB]
    ※登録者については、他の営業所に属する者は認められません。
     
  • ふぐの販売等を行う場合には、営業所ごとに保健所への届出が必要です。
  • 届出後、交付された「届出済票」を営業所の見やすい場所に掲示してください。
◇ 届出事項の変更
◇ 営業の休止・廃止・再開
◇ 届出済票の再交付・返還

 

問い合わせ先

不明な点は最寄りの県保健所(支所)又は食と暮らしの安全推進課(TEL:022-211-2644)にお問い合わせください。
※仙台市の方は、仙台市生活衛生課(TEL:022-214-8205)にお問い合わせください。

 

参考リンク