ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

食品営業許可の申請に必要なもの

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年6月4日更新

 ここでは、食品衛生法により許可が必要な34業種についてお示しします。
  詳細は営業を営む予定の所在地を管轄する保健所にご相談下さい。

 (1)  食品営業許可申請書
 (2)  営業設備の大要(給水及び排水等を明示)
 (3)  食品衛生責任者設置届
    ※ 食品衛生責任者の資格要件
      1)食品衛生法に基づく資格(食品衛生監視員、食品衛生管理者)を取得するための要件を満たす方
        ・ 医師、歯科医師、薬剤師または獣医師など
      2) その他衛生関係法規に基づく資格を有する方
        ・ 栄養士、調理師、製菓衛生師、食鳥処理衛生管理士、船舶料理士
      3) 知事が指定した食品衛生責任者養成講習会を修了した方
 (4) 養成講習会受講誓約書
    ※ 3)の資格を持っていない方が提出します。営業の許可を受けてから6ヶ月以内に知事が定める「食品衛生責任者養成講習会」を受講することが必要です。
 (5) 営業計画書
    ※ 自動車による飲食店、喫茶店、菓子製造業の場合
 (6) 手数料

 

食品衛生法関係申請手数料

手数料(円)

飲食店営業許可申請手数料

 

常設営業

16,000

仮設営業(仮設15日以上)

7,500

仮設営業(仮設14日以内)

3,700

仮設営業(仮設5日未満)

1,800

喫茶店営業許可手数料

 

常設営業

9,600

仮設営業(仮設15日以上)

4,700

仮設営業(仮設14日以内)

2,300

仮設営業(仮設5日未満)

1,100

菓子製造業許可申請手数料

 

常設営業

14,000

仮設営業(仮設15日以上)

6,500

仮設営業(仮設14日以内)

3,200

仮設営業(仮設5日未満)

1,600

あん類製造業

14,000

アイスクリーム類製造業

14,000

乳処理業

21,000

特別牛乳搾取処理業

21,000

乳製品製造業

21,000

集乳業

9,600

乳類販売業

9,600

食肉処理業

21,000

食肉販売業

9,600

食肉製品製造業

21,000

魚介類販売業

9,600

魚介類せり売営業

21,000

魚肉ねり製品製造業

16,000

食品の冷凍又は冷蔵業

21,000

食品の放射線照射業

21,000

清涼飲料水製造業

21,000

乳酸菌飲料製造業

14,000

氷雪製造業

21,000

氷雪販売業

14,000

食用油脂製造業

21,000

マーガリン又はショーニング製造業

21,000

みそ製造業

16,000

醤油製造業

16,000

ソース類製造業

16,000

酒類製造業

16,000

豆腐製造業

14,000

納豆製造業

14,000

めん類製造業

14,000

そうざい製造業

21,000

缶詰又は瓶詰製造業

21,000

添加物製造業

21,000

 

食品衛生取締条例関連手数料

手数料(円) 

つけ物・魚介類加工業等登録

 

加工業

5,800

行商

1,300

かきの処理に関する取締条例関連手数料

 

かき処理場設置許可

 4,600

従事者登録

 350