ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

食鳥検査

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年7月2日更新

年間30万羽をこえて食鳥を処理する大規模処理場では、食肉衛生検査所の食鳥検査員が検査を行い、合格したものだけが食用となります。また、年間処理30万羽以下の小規模な処理場では、食鳥処理衛生管理者が、異常の有無について確認を行っています。食肉衛生検査所では、適正な確認が行われているかどうか監視指導を行っています。

食鳥検査の流れ

 食鳥検査のフローチャート

生体検査

生体時の健康状態が確認され合格したものだけがとさつ解体処理されます。

脱羽後検査

内臓の摘出前に体表が検査されます。

内臓摘出後検査

内臓摘出後に、内臓及びとたいの内側が検査されます。

内蔵摘出後検査の様子の写真
   内臓摘出後検査の様子

食鳥検査データ

詳細な食鳥検査データは事業概要をご覧ください。

事業概要はこちら