ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすくらし・環境住まい・土地住まい選挙入門~初めての選挙~を掲載します。

選挙入門~初めての選挙~を掲載します。

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月25日更新

選挙出前講座の取り組み

 宮城県選挙管理委員会と宮城県明るい選挙推進協議会では、小・中・高校生を対象に、選挙の仕組みや投票の大切さを学習し、投票意識を高めていただくため、学校を訪問して選挙講座や模擬投票などを行う「選挙出前講座」に取り組んでいます。

 平成27年度は、県選挙管理委員会において、県内の高校8校(2,023人)、中学校2校(117人)、小学校11校(376人)、特別支援学校3校(202人)に対して、選挙出前講座を実施しました。

 県では、今年度も「出前講座」の実施を予定しておりますが、参議院議員通常選挙等のスケジュールから、実施時期を平成28年9月からとしております。

ただし、今回の参議院議員通常選挙から選挙権年齢が18歳に引き下げとなる見込から、一部の高校生は選挙権を持つことになります。

選挙出前講座資料(選挙制度の啓発)

 県の選挙出前講座の資料を掲載しますので、今回から、初めて投票所に足を運ばれる方、これから選挙権を持つ方など、若年層の方々に、一読いただければ幸いです。

 選挙権を持つことで、選挙運動期間中に限り、特定の候補者の当選を目的とした選挙運動をすることができます。その際、ホームページやブログ、SNSなど様々なインターネットツールを利用できますが、特に、若い人々に、その注意点について、ご理解いただけれればと思います。

 また、同じ高校生であっても、18歳の有権者は、選挙運動ができますが、17歳以下の方は、選挙運動もできません。うっかり、同級生内でのウェブサイトのやりとりが、選挙違反となることもあり得ますので、ご注意いただくようお願いします。

選挙出前講座資料(高校生) [PDFファイル/1.27MB]

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)