ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

SARSの情報の相談

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

本文ここまでですSARSについての相談を受け付けています

重症急性呼吸器症候群(SARS)の概要

 重症急性呼吸器症候群(SARS)とは,香港,ハノイでの発生から世界各国で広がりをみせている,感染性がある重篤かつ急性の呼吸器疾患を言います。

症状

38度以上の急な発熱,咳,呼吸困難などの症状

原因病原菌 

WHOでは,新型のコロナウイルスが原因であると断定し,SARSウイルスと命名されました。

感染経路

 現在判明している範囲では,感染した人との濃厚な接触で人から人に病原体が伝搬すると考えられています。感染した人の飛沫,体液に接触することが感染の重要な原因とみられています。

潜伏期間

 潜伏期間はおよそ2~7日であり,これまでの報告から,身体の変化に注意が必要とされる期間は,10日間とされています。

治療法

現在のところ治療法は確立されていません。

予防方法

 うがい,手洗いなどが感染を防ぐのに効果的とされています。

SARS(重症急性呼吸器症候群)に関する相談について

塩釜保健所ではSARSに関する相談を受け付けています。

  • 相談時間は 午前8時30分から午後5時15分までです。
  • 疾病対策班(電話022-363-5504)にて御相談に応じますので、お電話下さい。

(上記の時間以外は,仙台検疫所(電話022-367-8100又は8101)で相談に応じています。)