ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす産業人材対策課「サイエンスプラス(ものづくり体験教室)」 が開催されました(平成29年9月30日開催)

「サイエンスプラス(ものづくり体験教室)」 が開催されました(平成29年9月30日開催)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月3日更新

 平成29年9月30日(土曜日),東北職業能力開発大学校(栗原市)を会場に,小中学生を対象にしたものづくり体験教室「サイエンスプラス」が開催されました。

 このイベントは,企業,教育機関及び行政が連携して,「科学・技術」や「人」をテーマとした体験学習の機会を提供することで,ものづくりへの関心を高めるとともに,将来的な地域産業の担い手の育成と,栗原地域の持続的発展へ繋げることを目的とした体験型イベントで,平成26年度から開催しており,今回で4回目となります。

 また,平成27年度からは,東北職業能力開発大学校が主催する親子ものづくり体験教室「東北ポリテックビジョンin栗原」と同時開催しており,ものづくりに対する更なる意識啓発を図っています。

 当日は290名が来場し,会場に展示された20のプログラムを体験しました。参加者は,地元企業や高校生の指導のもと,ウレタンスポンジを使った「まくら」作りや木工イスの製作に取り組んだり,液体窒素を使って様々なものを一瞬で凍らせる実験など,各プログラムを通じて楽しいひと時を過ごしました。

サイエンスプラスの様子