ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす産業人材対策課宮城県立高等技術専門校に関するQ&A

宮城県立高等技術専門校に関するQ&A

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年8月1日更新

Q1 募集案内(パンフレット)が欲しいのですが。

Q2 高等技術専門校を見学したいのですが。

Q3 入学を希望する場合は,どこに申し込めばいいのですか。

Q4 入学試験はありますか。

Q5 選考日程や応募方法を知りたいのですが。

Q6 高等学校卒業程度認定試験(旧大検資格)で高卒対象のコースを受験できますか。

Q7 障害があるのですが,高等技術専門校に入校できますか。

Q8 年齢制限はありますか。

Q9 外国の学校を卒業しているのですが,受験できますか。

Q10 学科試験の点数を知りたいのですが。

Q11 過去の学科試験問題を入手したいのですが。

Q12 授業料は必要ですか。

Q13 授業料の減免制度について知りたいのですが。

Q14 授業時間等はどうなっていますか。

Q15 就職のあっせんをしてもらえますか。

Q16 就職率はどのくらいですか。

Q17 通学定期は購入できますか。

Q18 自動車やバイクで通学できますか。

Q19 資格は取得できますか。

Q20 寮はありますか。

その他,ご質問やお気づきの点等については,産業人材対策課人材育成第一班(電話022-211-2762)までお問い合わせください。

Q1 募集案内(パンフレット)が欲しいのですが。

令和2年度普通課程募集案内のページにジャンプ

配布場所  

白石高等技術専門校

〒989-1102白石市白川津田字新寺前5-1
電話0224-35-1511

仙台高等技術専門校

〒983-0021仙台市宮城野区田子一丁目4-1
電話022-258-1151

大崎高等技術専門校

〒989-6134大崎市古川米倉字上屋敷51
電話0229-22-1357

石巻高等技術専門校

〒986-0853石巻市門脇字青葉西27-1
電話0225-22-1719

気仙沼高等技術専門校

〒988-0812気仙沼市字大峠山1-174
電話0226-22-7068

宮城障害者職業能力開発校

〒981-0911仙台市青葉区台原五丁目15-1
電話022-233-3124

産業人材対策課

〒980-8570仙台市青葉区本町三丁目8-1宮城県庁14階
電話022-211-2762

各ハローワークの所在地が確認できます。

ハローワーク仙台

983-0852仙台市宮城野区榴ヶ岡4-2-3
電話022-299-8811

ハローワーク大和

981-3626黒川郡大和町吉岡南2-3-15
電話022-345-2350

ハローワーク石巻

986-0832石巻市泉町4-1-18
電話0225-95-0158

ハローワーク塩釜

985-0001塩釜市新浜町3-18-1
電話022-362-3361

ハローワーク古川

989-6143大崎市古川中里6-7-10
電話0229-22-2305

ハローワーク大河原

989-1202柴田郡大河原町大谷字町向126-4
電話0224-53-1042

ハローワーク白石

989-0229白石市字銚子ヶ森37-8
電話0224-25-3107

ハローワーク築館

987-2252栗原市築館薬師2-2-1
電話0228-22-2531

ハローワーク迫

987-0511登米市迫町佐沼字内町42-10
電話0220-22-8609

ハローワーク気仙沼

988-0077気仙沼市古町3-3-8
電話0226-24-1716

ハローワークプラザ青葉

980-0021仙台市青葉区中央2-11-1
電話022-266-8609

みやぎジョブカフェ

仙台市青葉区中央一丁目2番3号仙台マークワン12F
電話022-264-4510

高等学校在学の方

県内の高等学校には募集案内(パンフレット)を送付していますので,担当の先生にご相談ください。

郵送希望の方

募集案内(パンフレット)の郵送をご希望の方は,140円切手※を貼った,あて先明記の返信用封筒(角形2号(A4サイズ))を同封の上,産業人材対策課又は高等技術専門校に郵送してください。

※高等技術専門校からの郵送を希望する場合,校ごとに作成している募集案内(パンフレット)も併せて送付しています。そのため,返信用封筒に貼り付ける切手の金額が校によって異なりますので,詳しくは郵送を希望する校へお問い合わせください。

Q2 高等技術専門校を見学したいのですが。

  • 見学は随時受け付けていますので,見学を希望する高等技術専門校に事前にお問い合わせください。

Q3 入学を希望する場合は,どこに申し込めばいいのですか。

普通課程

推薦入学選考(高等学校卒業見込みの方のみ)
  • 在籍している各高等学校を経由して,入学を希望する高等技術専門校にお申し込みください。
一般入学選考
(1)高等学校,各種学校,専修学校,大学等卒業見込みの方  
  • 入学を希望する高等技術専門校にお申込みください。
(2)(1)以外の方
  • お住まいの地域を担当するハローワークにご相談の上,お申し込みください。

短期課程

  • お住まいの地域を担当するハローワークにご相談の上,お申し込みください。

Q4 入学試験はありますか。

  • 普通課程の一般選考は,学科試験(国語・数学)と面接を行います。
    学科試験は高等学校1学年までに履修する基礎的な問題です。
    試験時間は,国語・数学合わせて60分間,各科目50点の合計100点満点です。
  • 普通課程の推薦選考は,面接のみ行います。
  • 短期課程の選考は,面接のみ行います。

Q5 選考日程や応募方法を知りたいのですが。

普通課程  

短期課程

  • 訓練コースによって,募集期間や選考(面接)日が異なりますので,各高等技術専門校のホームページをご覧になるか,お問い合わせください。

Q6 高等学校卒業程度認定試験(旧大検資格)で高卒対象のコースを受験できますか。

  • 高等学校卒業程度認定試験に合格し,認定されている場合又は入学する年の3月末までに認定試験に合格し,認定される見込みがある場合に受験できます。
    (平成17年4月より大検が廃止され,「高等学校卒業程度認定試験」となりました。)

※試験制度については,文部科学省のホームページで確認できます。

Q7  障害があるのですが,高等技術専門校に入校できますか。

  • 受験上の制約はありませんが,訓練内容に継続して取り組むことができるかなど,事前に希望される科がある高等技術専門校にご相談ください。

Q8 年齢制限はありますか。

  • 普通課程は,高等学校を卒業(見込み)の方,又は同等以上の学力のある方が対象です。
  • 短期課程に年齢制限はありません。また,中高年齢者向けに設定されたコース(仙台校:造園科)もあります。

※すでに高等学校を卒業されている方は,普通課程・短期課程とも,お申し込みの前に,お住まいの地域を担当するハローワークにご相談ください。

Q9 外国の学校を卒業しているのですが,受験できますか。

  • 卒業した外国の学校が日本のどの教育課程に該当するのか確認が必要ですので,入学を希望する高等技術専門校にご相談ください。

Q10 学科試験の点数を知りたいのですが。

  • 学科試験の点数は,合格発表の日から1か月間(土日,祝日を除く),受験した高等技術専門校で,直接ご本人にお知らせします。
  • 本人確認ができる身分証明書(学生証,自動車運転免許証など顔写真が貼ってあるもの)と受験票を持って,受験した高等技術専門校においでください。
  • 電話では本人確認ができないため,電話での学科試験の点数はお知らせしておりません。

Q11 過去の学科試験問題を入手したいのですが。

※解答は,公表していません。

Q12  授業料は必要ですか。

普通課程の授業料

授業料(年額)118,800円(年4回の分割納入)

※一定の要件による減免制度があります。(Q13参照)

入学金5,650円 
入学者選抜手数料2,200円
  • 教科書代や作業服代等は実費をご負担いただきます。

短期課程の授業料

  • 授業料は無料です。
  • ただし,テキスト代金等は実費をご負担いただきます。
    負担額は,訓練コースによりことなりますので,高等技術専門校のホームページをご覧になるか,お問い合わせください。

Q13 授業料の減免制度について知りたいのですが。

以下の項目に該当する場合,授業料が減免されます。詳しくは各高等技術専門校へお問い合わせください。

  • 学生及び学生と生計を一にする者全員が地方税法の規定により当該年度に納付すべき市町村民税の所得割額の納付を要しない場合
  • 生活保護法(昭和二十五年法律第百四十四号)の規定による保護を受けている世帯の学生である場合
  • 雇用保険法に規定する技能習得手当の支給を受ける学生である場合
  • 雇用対策法に規定する職業転換給付金の支給を受ける学生である場合
  • 学生及び学生と生計を一にする者が,天災その他特別の事由により生活に困窮をきたし,授業料の納入が困難である場合

Q14 授業時間等はどうなっていますか。

  • 各校によって異なりますが,午前8時30分から午後3時50分くらいが目安です。
  • 土曜日,日曜日,祝祭日は休みになるほか,夏休み,冬休み,春休み(春休みは2年コースの場合)があります。  

Q15  就職のあっせんをしてもらえますか。

  • 各事業所からの求人を受け付けて,訓練生に紹介をしています。
    また,ハローワークと連携して職業紹介や相談を行っています。

Q16 就職率はどのくらいですか。

  • 毎年,高い就職率となっております。
    ※平成31年4月末現在の就職率は95%です。
  • 主な就職先は募集案内(パンフレット)をご覧ください。

Q17  通学定期は購入できますか。

  • 普通課程の訓練生は,公共交通機関の通学定期を購入できます。

Q18 自動車やバイクで通学できますか。

  • 許可制で自動車・バイクで通学できます。

Q19  資格は取得できますか。

普通課程(1年,2年コースとも)

  • 技能士補(ぎのうしほ)
    訓練修了時に実施される試験(技能照査)に合格すると技能士補となり,二級技能検定受検の際,学科試験が免除されます。
  • その他,取得可能な資格は訓練科によって様々です。主な資格は次のとおりですが,詳しくは募集案内(パンフレット)をご覧ください。
通信システムエンジニア科
  • 第一級陸上特殊無線技士(修了試験合格者は,申請により免状が交付されます。) 
  • 工事担任者DD第一種,工事担任者AI第一種,工事担任者AI・DD総合種
    (所定の試験合格者は,資格試験の一部「基礎」が免除されます。)
プログラムエンジニア科
  • 基本情報技術者
  • ITパスポート
電子制御システム科
  • 工事担任者DD第一種,工事担任者AI第一種,工事担任者AI・DD総合種
    (所定の試験合格者は,資格試験の一部「基礎」が免除されます。)
機械エンジニア科
  • ガス溶接技能講習修了証(講習修了試験合格者に交付されます。)
  • アーク溶接等の業務に係る特別教育修了証(修了証が交付されます。)
  • 研削といし取り替え等の業務に係る特別教育修了証(修了証が交付されます。)
電気科
  • 第二種電気工事士免状(修了者は,申請により交付されます。)
  • ガス溶接技能講習修了証(講習修了試験合格者に交付されます。)
  • アーク溶接等の業務に係る特別教育修了証(修了証が交付されます。)
  • 研削といし取り替え等の業務に係る特別教育修了証(修了証が交付されます。)
広告看板科
  • 屋外広告業の登録に係る業務主任者
  • 研削といし取り替え等の業務に係る特別教育修了証(修了証が交付されます。)
建築製図科
  • 二級建築士(修了者は受験資格の実務経験年数が短縮されます。)
  • 木造建築士(修了者は受験資格の実務経験年数が短縮されます。)
木工科
  • 研削といし取り替え等の業務に係る特別教育修了証(修了証が交付されます。)
設備工事科
  • ガス溶接技能講習修了証(講習修了試験合格者に交付されます。)
  • アーク溶接等の業務に係る特別教育修了証(修了証が交付されます。)
  • 研削といし取り替え等の業務に係る特別教育修了証(修了証が交付されます。)
塗装施工科
  • 研削といし取り替え等の業務に係る特別教育修了証(修了証が交付されます。)
自動車整備科
  • 二級自動車整備士(修了者は受験資格が得られ,実技試験が免除されます。)
  • ガス溶接技能講習修了証(講習修了試験合格者に交付されます。)
  • アーク溶接等の業務に係る特別教育修了証(修了証が交付されます。)
  • 研削といし取り替え等の業務に係る特別教育修了証(修了証が交付されます。)
木の家づくり科
  • 二級建築士(修了者は受験資格の実務経験年数が短縮されます。)
  • 木造建築士(修了者は受験資格の実務経験年数が短縮されます。)
  • 研削といし取り替え等の業務に係る特別教育修了証(修了証が交付されます。)
金属加工科
  • アーク溶接適格性証明書(訓練期間3か月経過すれば基本級の受験資格が得られ,6か月経過すれば学科試験が免除になります。)
  • ガス溶接技能講習修了証(講習修了試験合格者に交付されます。)
  • アーク溶接等の業務に係る特別教育修了証(修了証が交付されます。)
  • 研削といし取り替え等の業務に係る特別教育修了証(修了証が交付されます。)
オフィスビジネス科
  • 簿記検定
  • 秘書検定

Q20  寮はありますか。

  • 寮はありません。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)