ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすしごと・産業雇用・労働企業向け雇用支援平成29年度キャリア教育推進事業(小学校)実施概要

平成29年度キャリア教育推進事業(小学校)実施概要

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月1日更新

プログラムの目的

  • 小学生が,魅力ある働く大人との出会いと本物の体験を通じて
  1. 「つくる」楽しさを実感し,モノづくりへの興味・関心を持つ
  2. 地域への愛着と誇り,そして社会で自立し生き抜く力を育む
  • 小学生と地域で働く大人が,モノづくりの感動を分かち合い,学ぶ意義,働く意義を感じ,意欲を高める
  • 本事業を通して石巻モデルを確立し,今後,県域で展開できるようしくみづくりを進める。

実施概要

  • 石巻管内の小学校3校において,キャリア教育プログラム「ISHINOMAKIDS TRY」を実施。本プログラムでは,事前授業を行った後に工場見学・モノづくり体験を行った。
  • 主な授業プログラム(水産加工業の場合)は以下のとおり。
  1. 事前授業:「ライディング・ア・バス」、「夢の設計図」を行い,自分の好み・適性や将来の夢について考えた。
  2. 事前授業:訪問予定の水産加工について学ぶ授業の実施
  3. 工場見学・実習:地元企業による講話,工場の見学及びたらこづくり体験の実施
  • プログラム後に実施した児童のアンケートからは,約8割の生徒がモノづくりの楽しさを実感したことが確認された。
  • 訪問企業の中には,工場見学等の対応をチームビルディングとして行っているところもあった。
  • 今後の改善に向けて,企業の協力姿勢が前提となること,社員育成や認知度向上などの企業側にもメリットのある仕掛けづくりが必要であること,教員にプログラムの内容を理解させるための教員対象の研修を実施すること,資金確保が留意点・課題としてあげられる。また,一番良かった点として社長の講話をあげた児童もおり,魅力的な大人の話を聞かせる機会の提供も重要と考えられる。

 

 

(受託事業者:特定非営利活動法人まなびのたねネットワーク)