ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすしごと・産業雇用・労働企業向け雇用支援平成29年度キャリア教育推進事業(大学)実施概要

平成29年度キャリア教育推進事業(大学)実施概要

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月1日更新

プログラムの目的

  • 地域の未来を担う人材育成を支援することを目的として,県内大学や県内企業・自治体と連携し,大学及び大学生に向けて,キャリア発達の支援や勤労観・職業観の醸成,社会的・職業的自立及び地元定着の促進に効果的なキャリア教育プログラムを実施した。

実施概要

(1)学生記者による地域企業取材と発信

  • 大学生が記者となり,地域企業の取材や情報発信のための記事執筆を経験することで,学生自身のキャリア形成をサポートした(学生記者数:34人,取材企業数21人)。また,発信した記事を通じたその他学生の職業観の醸成への寄与も目指した。

(2)課外活動を行う学生への支援

  • 学生の課外活動(ボランティアや学生団体活動)に対し,学生向けウェブメディアでの団体紹介記事の掲載,表彰イベント「仙台若者アワード」の実施などの支援を行い,学生のキャリア・アンカー育成をサポートした。

(3)地域企業のキャリア教育連携企業の開拓と支援

  • キャリア教育プログラムに関する地元企業へのアンケートを行うとともに,実践型教育(PBL,インターンシップ)の受入や講師派遣が可能な地域企業及び人材リスト「大学向けキャリア支援企業一覧(50社登録)」を作成。掲載企業向け研修を実施するなどした。
  • アンケート回答からは,約7割の企業がキャリア教育的取り組みに関して動いていないが,うち約3割が興味・関心は持っていることが明らかとなった。また,取り組んでいない理由の半数以上は,「そこまで手が回らない」であった。一方,現在又は今後行いたいと考えている取組としては,「会社見学の受入」,「インターンシップ」が多かった。

(4)取組ノウハウの発信

  • 関連事業団体及び大学等へキャリア教育プログラムに関する提言を行った。

 

(受託事業者:一般社団法人ワカツク)