ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす防災砂防課平成23年度 土砂災害防止功労者表彰について

平成23年度 土砂災害防止功労者表彰について

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年7月5日更新

 土砂災害防止に関して顕著な功労があり,他の模範として認められる個人または団体に対し,「土砂災害防止月間」期間中に国土交通大臣が表彰を行います。
 平成23年度は,一個人・八団体が表彰され,平成23年6月28日に表彰状伝達式が行われました。
 宮城県からは,土砂災害発生に際して,地域住民の生命及び身体の保護に尽力されたとして,「栗駒耕英地区自主防災会」が表彰されました。誠におめでとうございます。

6月28日に行われた表彰状伝達式の様子

表彰状伝達式1表彰状伝達式2表彰状伝達式3

功績概要

 平成20年6月14日に岩手県内陸南部を震源とする「岩手・宮城内陸地震」が発生,大規模な山腹崩落や道路の決壊等,
多くの土砂災害が発生,栗駒耕英地区は孤立状態になった。
 地震発生直後,「駒の湯温泉旅館」に土石流が直撃したが,栗駒耕英地区自主防災会の活動により,土砂に呑み込まれた
旅館から従業員2名を救助した。
 その後も,会員約50世帯の安否確認や避難誘導を行った。また,外部との連絡手段が絶たれた状況下において,食料や
物資の確保と被災状況等の情報収集活動を行った。
 震災後も,数多くの被災体験を生かし,県内外の自主防災組織などの関係団体に対して,土砂災害や地震発生時の心構え
や日頃の防災意識の大切さについての講演活動を続けており,その数は64回を数えるほどである。
このように危険を顧みず土砂に流された方の人名救出を行い,また震災後も土砂災害防止思想の普及に寄与している功績
があったものである。

本文ここまでです