ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす防災砂防課土砂災害防止月間について

土砂災害防止月間について

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年6月24日更新

毎年6月は「土砂災害防止月間」(1~7日は「がけ崩れ防災週間」)です。

 毎年各地で土石流・地すべり・がけ崩れなどの土砂災害が多発し,人命・財産に甚大な被害を及ぼしています。
 そこで,土砂災害の防止及び被害の軽減に関して,国民の方々に関心を深めていただくため,国土交通省,宮城県及び市町村では6月を「土砂災害防止月間」と定めています。
 宮城県では,例年土砂災害の多発する梅雨・台風時期を前に県民のみなさんに,土砂災害の危険性などを認識していただくため,危険箇所のパトロールや広報活動,絵画・作文コンクールを行っています。
 土砂災害から人命と財産を守るため,砂防工事等を進めていますが,整備はまだ十分ではありません。また,「東日本大震災」によって,地下の深いところまで地盤がゆるんでいます。土石流・地すべり・がけ崩れ等,土砂災害危険箇所の近くにお住まいの方は,これから梅雨や台風などで土砂災害が多発する時期に入りますので,がけ等の様子が普段と違うときには,早目に安全なところへ避難してください。

土砂災害防止月間に関する行事

 

広報・啓発活動一覧

みやぎ出前講座 <みやぎの「土砂災害対策」・エッ!こんな所にも危険な箇所があるの?>

 

関連リンク 

国土交通省ホームページ


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)