ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

一般国道347号通年通行記念式典を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月24日更新

 宮城県と山形県が整備を進めてきた,一般国道347号が平成28年12月から通年通行を開始することを記念し,式典が開催されました。

 一般国道347号は県境の鍋越峠が狭隘・屈曲であるうえ,県内でも有数の豪雪地帯であることから,これまで冬期間は峠を挟む17.7kmを通行止めとしていました。

 今回の通年通行化により,両県の道路ネットワーク強化が図られるとともに,交流人口の拡大,雇用創出や観光振興などにもつながることが期待されます。

 

【式典】
挨拶の様子挨拶の様子
宮城県 村井知事山形県 吉村知事
挨拶の様子挨拶
尾花沢市 加藤市長伊藤 信太郎  衆議院議員
テープカット
テープカット・くす玉開披
両知事握手
両県知事の握手
会場の様子ゆるキャラ
記念式典出席者式典後のイベント ゆるキャラとの写真撮影

 

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。