ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

横断歩道橋長寿命化計画を策定しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月1日更新

 宮城県では24橋の横断歩道橋を管理しています。

 このうち,完成後50年以上の横断歩道橋は現在0橋ですが,20年後には約6割の14橋が完成後50年以上経過し高齢化が進むことになります。

 これまでどおりの維持管理方法では,今後,大規模な修繕や架換えが集中することも予想され,これらの横断歩道橋を合理的かつ効率的に維持管理することが重要となります。

 この対策として,宮城県では平成27年度から横断歩道橋の点検を開始して現状把握を行うとともに,今回,合理的かつ効率的な管理を進めるため「宮城県横断歩道橋長寿命化計画」を策定しました。

 

宮城県横断歩道橋長寿命化計画 [PDFファイル/2.44MB]

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)