ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすまちづくり・地域振興交通インフラ情報高速道路東北自動車道への(仮称)栗原インターチェンジの新設が許可されました

東北自動車道への(仮称)栗原インターチェンジの新設が許可されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月10日更新

(仮称)栗原インターチェンジの連結許可について

県では、東日本大震災からの復興、富県宮城の実現に向けて、現在復興支援道路として整備を進めている地域高規格道路「みやぎ県北高速幹線道路」から東北縦貫自動車道へ直接乗り入れできる、新たなインターチェンジ「(仮称)栗原インターチェンジ」の整備を計画しておりました。

このたび、国土交通大臣へ高速道路との接続の許可を申請したところ、平成30年8月10日付けで許可されました。

新たなインターチェンジの整備により、みやぎ県北高速幹線道路による沿岸部と内陸部の広域連携が一層強化されるとともに、高速道路アクセスの利便性が向上することで、県北地域や被災沿岸市町の産業活動や観光交流の更なる活性化が期待されます。

地域の皆様の御理解、御協力を頂きながら、一日も早い完成に向けて、事業に取り組んで参ります。

新設インターチェンジの概要

  • 事 業 主 体  宮城県
  • 連 結 位 置  宮城県栗原市築館萩沢地内
  • 連結予定道路 地域高規格道路「みやぎ県北高速幹線道路」(主要地方道 築館登米線)
  • 全体事業費  約55億円 

記者発表資料

  記者発表資料 [PDFファイル/177KB] 

外部リンク


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)