ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

気仙沼大島大橋の供用開始について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年1月7日更新

 大島架橋事業については,大島は東日本大震災時に甚大な被害を受けるとともに,唯一の公共交通であるフェリーも被災し長期にわたり孤立を余儀なくされる等,その必要性が再認識されたことから,復興のシンボル事業として,平成23年度に着手し,平成31年度春の完成・供用を目指し事業を進めてきました。  

 県では浪板橋から気仙沼大島大橋を含む大島磯草までの約5.5kmを今年4月7日(日曜日)に供用開始することになりました。

 今回の開通により,大島地区住民の日常生活における利便性の向上や,救急医療活動への支援,観光交流や産業の活性化などが期待されます。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)