ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすまちづくり・地域振興交通インフラ情報一般道路吉田川二線堤及び国道346号鹿島台バイパスの供用を開始

吉田川二線堤及び国道346号鹿島台バイパスの供用を開始

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年4月16日更新

 吉田川二線堤バイパス開通 セレモニー

テープカット・くす玉開披の写真です。

テープカット・くす玉開披

開通パレードの写真です。

パレード

「吉田川二線堤及び国道346号鹿島台バイパス」の開通式を開催しました。

国土交通省東北地方整備局,宮城県,大崎市は,平成25年3月23日に「吉田川二線堤及び国道346号鹿島台バイパス」の開通式を開催しました。

開通式には,主催者を代表して佐藤直良国土交通事務次官,村井嘉浩宮城県知事及び伊藤康志大崎市長,また来賓として櫻井充参議院議員など,約100名が出席しました。

宮城県は、「水害に強いまちづくり事業」の一環として,平成6年度から国による吉田川の二線堤整備との共同事業により,緊急輸送道路である国道346号の機能強化を図るため,鹿島台バイパスの整備を進め,このたび,事業着手から19年の歳月を経て供用を開始することができました。

今回の供用により,大崎市鹿島台地区における水害に対する安全性の向上や,中心市街地の慢性的な渋滞が解消され,大崎市をはじめとする,県北地域の交流や物流の強化とともに,産業や観光振興に,大いに貢献するものです。

主催者挨拶

佐藤直良国土交通事務次官の挨拶の写真です。

佐藤直良 国土交通事務次官

村井嘉浩宮城県知事の挨拶の写真です。

村井嘉浩 宮城県知事

伊藤康志大崎市長の挨拶の写真です。

伊藤康志 大崎市長