ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

林業普及指導事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月1日更新

林業普及指導事業とは

  林業普及指導事業は,森林の有する多面的機能の発揮や林業・木材産業を持続的に発展させるために,県内に配置された林業普及指導員が森林所有者等に対して,林業に関する技術・知識の普及,森林施業に関する指導等を行うものです。

 県では,「林業普及指導実施方針」を定め,それに基づき,森林・林業の現状を踏まえた,技術支援や経営指導、森林整備・保全等に取り組み,地域の林業振興に向けた普及指導活動を展開しています。

  林業普及指導実施方針 [PDFファイル/1.14MB]

林業普及指導員

 林業普及指導活動の効率的・効果的な実施を図るため,県内の地方振興事務所及び地域事務所,林業技術総合センターに林業普及指導員を配置しています。

林業普及指導員の活動テーマ

配置された林業普及指導員は,地域全体の森林の整備・保全や林業の成長産業化及び震災からの復興を目指し,

  1. 林業・木材産業の一層の産業力強化 【産業づくり】
  2. 森林の持つ多面的機能のさらなる発揮 【森づくり】
  3. 森林,林業・木材産業を支える地域や人材の育成 【人づくり】
  4. 東日本大震災からの復興と発展 【震災復興】

の4つのテーマに重点的に取り組んでいます。

林業普及活動情報

 宮城県林業技術総合センターにおいて,「宮城県林業普及活動情報」を毎月発刊し,県内各地に配置されている林業普及指導員の活動を紹介しています。

 宮城県林業普及活動情報  (林業技術総合センターHPへジャンプ)


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)