ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす農業・園芸総合研究所「水稲育苗ハウスの有効利用技術~ミニトマト栽培と作業者の暑熱対策~」現地研修会を開催しました(平成30年9月4日)

「水稲育苗ハウスの有効利用技術~ミニトマト栽培と作業者の暑熱対策~」現地研修会を開催しました(平成30年9月4日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月14日更新

平成30年9月4日(火曜日),宮城県東松島市において,平成30年度食料生産地域再生のための先端技術展開事業(社会実装促進業務委託事業)「水稲育苗ハウスの有効利用技術~ミニトマト栽培と作業者の暑熱対策~」現地研修会を開催しました。会場である株式会社パスカファーム立沼及び株式会社パルファーム大曲の代表取締役や研究担当者から,「水稲育苗ハウスを利用したミニトマト栽培」,「細霧冷房及び空調服等による作業者の暑熱軽減対策」について説明がありました。

農業法人等約40名の参加者からは,「簡易栽培槽によるミニトマト栽培は,有効にほ場を使用できて良い」,「今年のような高温時が続く日が多いと,空調服は活用できると感じた」,「ミストの粒子が想像していたよりも細かく,冷涼感を感じることができた」,「農業分野では就農者の平均年齢が高いこともあり,暑熱対策は喫緊の課題。労働環境の改善の一助となる」等の感想が聞かれました。

 

空調服等の説明

空調服等の説明

 

細霧冷房

細霧冷房

 

簡易栽培槽によるミニトマト栽培

簡易栽培槽によるミニトマト栽培

 

ミニトマト栽培の説明

ミニトマト栽培の説明