ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがすリハビリテーション支援センターリハビリテーション支援センター附属診療所

リハビリテーション支援センター附属診療所

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月12日更新

 

 外来診療(リハビリテーション科専門医等による障害者クリニック)

※ 診察・リハビリテーションは全て予約制になっておりますので、事前にお問い合わせください
 
 ( 問合せ先:022-784-3592まで )

  • 肢体不自由の方の障害状況の評価 
  • 補装具(義肢装具)
  • シーティング(座位保持,姿勢保持)
  • 痙縮
  • 診断書・意見書の作成 ※診断書作成までには数週間かかります。早めのご相談を

 

医師診断書・意見書ダウンロードの表
                   
項目  区分書類/様式備考
身体障害者手帳 身体
 (肢体不自由)
医師診断書 [PDFファイル/182KB]

 必ず,事前にお問い合わせ下さい。

  • 完全予約制になっております。   突然の診療希望に関しては対応出来ない場合もございます。
  • 項目によっては症状の経過などを証明出来る資料提示が必要になります。
  • 診断書作成には評価・検査など,数週間を要する場合もあります。お早めのご相談をお願いいたします。
障害者年金  身体
 (肢体不自由)
医師診断書 [PDFファイル/1021KB]
障害者総合支援法障害者総合支援
自立支援
医師意見書 [PDFファイル/236KB]
介護保険法介護保険主治医意見書 [PDFファイル/28KB]
  • ※上記以外の書類作成に関しては,お問い合わせください。
  • ※定期的に受診している主治医がいらっしゃる場合,まずは主治医にご相談ください
  • ※各種診断書・意見書の作成は有料となります。

外来リハビリテーシ ョン

  • 肢体不自由・コミュニケーション障害等のある方に,医療保険(健康保険)適応の診察後,理学療法・作業療法・ 言語療法を行っています。 

※介護保険の通所リハビリテーション(デイケア)との併用は原則できません。言語療法については,併用可能な場合がありますので,お気軽にご相談ください。


 痙縮外来とは  

脳血管疾患による後遺症などが原因で手や足に痙縮(こわばりやつっぱり)がある方に,ボトックスなどを含めた治療を行っています。ボトックス治療は保険の適応です。  

※ボトックス治療について詳しくご覧になりたい方はこちら→ボトックスパンフレット[PDFファイル/3.9MB]

 

宮城県リハビリテーション支援センター附属診療所概要の表
  名称宮城県リハビリテーション支援センター附属診療所
 管理者所長 樫本修
 診療科名リハビリテーション科/整形外科/脳神経外科
 診療時間
  • 完全予約制
  • 月~金 曜日(※都合により休診となる場合があります)
     診療時間:午前9時 ~午後5時
     受付時間:午前8時50分~11時30分、午後1時~4時
  • 休診:土曜・日曜・祝日・年末・年始
 担当医師樫本修,西嶋一智,佐藤一望(第2火曜、第4木曜)
 スタッフ 看護師,理学療法士(PT),作業療法士(OT),言語聴覚士(ST)
 連絡先  

電話: 022(784)3592 クリニック班 外来担当まで
住所:〒981-1217 名取市美田園2丁目1番地の4(まなウェルみやぎ内1

地図は「施設への交通アクセス」のページへ


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)