ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

漆沢ダムの概要

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年5月1日更新

ダム概要(漆沢ダム化女沼ダム上大沢ダム岩堂沢ダム二ツ石ダム筒砂子ダム

夏の漆沢ダムのパノラマ写真(H23.08.15撮影)

↑夏の漆沢ダムのパノラマ写真

関連情報

流域の概要と漆沢ダムの目的

鳴瀬川は宮城・山形県境の船形山にその源を発し,東松島市野蒜において仙台湾に注ぐ流路延長89km,流域面積1,133km2の一級河川であり,県北経済文化の母体となっている。
鳴瀬川の河川改修事業は古く,大正12年より行われてきたが,昭和22年9月(カスリン台風),昭和23年9月(アイオン台風),昭和41年9月,昭和49年7月の洪水の際には甚大な被害を受けた。
一方,大崎・黒川地区の開発が進展するにつれて,増加する水需要と既得かんがい用水の確保に対処するために,鳴瀬川総合開発の一環としてダム築造があげられ,昭和43年度国庫補助事業として採択され,洪水調節,流水の正常な機能の維持,上水道用水 (一日90,000m3),工業用水(一日60,000m3),発電(最大3,000kw)を目的とし,昭和45年度に着工し,総事業費166億5千万円で昭和56年3月に完成した多目的ダムである。

漆沢ダム諸元

漆沢ダム洪水調節

漆沢ダム標準断面図
漆沢ダム標準断面図

漆沢ダム管理事務所
漆沢ダム管理事務所

<漆沢ダム全景>
漆沢ダム全景

↓冬の漆沢ダムのパノラマ写真
冬の漆沢ダムのパノラマ写真(H22.12.17撮影)