ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

鎌先温泉(白石市)

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

鎌先温泉の写真 蔵王連峰を背にした素朴な温泉で、古くから外傷によく効く奥羽の薬湯として知られています。
 南蔵王不忘山頂から一直線に下った谷底に湧き、俗塵を避けての保養・療養には格好の場です。
 自炊のできる宿もあり、自炊のための食料を扱う朝市も立ちます。
 外傷をはじめ火傷、手術後の保養、むち打ち症、打撲傷などに効きます。
 近くにはこけしのふる里「弥治郎集落」があり、現在約20人の工人によって伝統こけしがつくられています。
 工房の見学・絵付けも可能な弥治郎こけし村もあります。
泉  質芒硝食塩泉
効  能外傷、打撲、骨折、一般手術後、神経痛
温  度35℃
宿泊施設4軒
問合せ先白石市産業部商工観光課
TEL:0224-22-1321
FAX:0224-22-1451
所在地白石市福岡蔵本字鎌先
 県道254号・南蔵王白石線を白石市内から蔵王方面に進んだ途中の左側にあります。
鎌先温泉の地図