ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす農林水産政策室平成29年度宮城県6次産業化プランナーの追加公募について

平成29年度宮城県6次産業化プランナーの追加公募について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月8日更新

 宮城県では,農山漁村の6次産業化を推進するため,6次産業化に取り組む農林漁業者等の経営の発展段階に即した個別相談等に対応する民間の専門人材である,宮城県6次産業化プランナー(以下「プランナー」という。)候補者を次のとおり公募します。

主な業務内容 

 宮城県が別途業務を委託する平成29年度宮城県6次産業化支援体制整備業務受託者(以下「宮城県6次産業化サポートセンター」という。)からの依頼に応じて,委託期間終了までの間,次に掲げる支援業務に取り組んでいただきます。ただし,プランナーは,自身が引き受けた支援業務について,再委託をすることはできません。

(1)6次産業化に取り組む農林漁業者等の経営の発展段階に即した課題の解決に向けた個別相談

(2)地域資源を活用した農林漁業者等による新事業の創出等及び地域の農林水産物の利用促進に関する法律(平成22年法律第67号)第5条第1項に基づく総合化事業計画の認定に向けたサポートや当該認定後のフォローアップ

(3)宮城県6次産業化サポートセンターが企画,開催する個別相談会での相談対応

応募資格

 特定の分野における高い専門的知見を有しているとともに,優れた支援実績を有していることを要件としています。

 詳細は応募要領をご覧ください。

選定方法

(1)宮城県が設置する宮城県6次産業化プランナー候補者選定委員会(以下「選定委員会」という。)において,書類審査及び面接を行い,プランナー候補者を選定します。

(2)面接の日時及び場所は,おって連絡します。

(3)選定するプランナー候補者は,概ね3名以内とします。

(4)選定結果については,選定委員会における選定が終了次第,速やかに全ての応募者に対して通知します。なお,プランナー候補者の選定に係る経過,選定結果等に関するお問い合わせにはお答えできませんので,あらかじめご了承願います。

応募方法等

 応募は自薦によるものとし,次のとおり提出してください。なお,提出された書類等は返却しません。

 (1)提出書類

   別紙様式 宮城県6次産業化プランナー候補者申請書

   これまでの支援実績(事例)がわかる資料(必要に応じて)        

 (2)提出部数 1部

 (3)公募期間 平成29年12月25日(月曜日) 午後5時まで 

 (4)提出方法 郵送による

 (5)提出先

   〒980-8570

   仙台市青葉区本町三丁目8番1号 宮城県庁行政庁舎10階

   宮城県農林水産部農林水産政策室

   担当 6次産業化支援班

   電話番号 022-211-2242(ダイヤルイン)

応募要領等

平成29年度宮城県6次産業化プランナー応募要領【追加公募】 [PDFファイル/312KB]

別紙様式 [Wordファイル/62KB]


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)