ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす農村振興課農業用水の状況(平成30年3月1日現在)

農業用水の状況(平成30年3月1日現在)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月2日更新

宮城県内の農業用水の状況について(平成30年3月1日現在)


1.今後の天候の見通しについて

平成30年3月1日付け仙台管区気象台発表「東北地方1か月予報」(3月3日~4月2日)によると,東北太平洋側では,平年に比べ晴れの日が少ない見込みです。

  • 向こう1ヶ月平均気温確率『低い:20%,平年並:30%,高い:50%』:高い見込み
  • 向こう1ヶ月降水量確率  『少ない:20%,平年並:30%,多い:50%』:多い見込み

2.農業用主要ダムの貯水状況

県内の主要ダム17ヶ所の3月1日時点の平均貯水率は47.6%(前回2月1日調査:56.3%)で,平年比は99.0%(前回2月1日調査:114.0%)となっています。融雪水の流入を考慮して貯水位を抑えているダムもあります。

3.県内主要ため池の貯水状況

県内のため池は約6,000ヶ所で総貯水量は約4,100万m3です。主要なため池7ヶ所の平均貯水率は53.4%,(前回2月1日調査:35.7%),前年比92.5%です。

4.仙台観測所の月別降水量と降雪量

仙台観測所における2月の降水量は平年を大きく下回る一方,積雪量は平年を大きく上回りました。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)