ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

農道整備事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年1月13日更新

農業の振興を図る地域において,農道網を有機的かつ合理的に整備することにより,高生産性農業を促進し,もって農業の近代化を図り,併せて農村環境の改善に資することを目的としています。

事業内容・採択条件等

農道整備事業事業内容の表
事業名広域営農団地農道整備事業
事業目的 ・農道網を有機的かつ合理的に整備
・高生産性農業の促進
・農業の近代化
事業概要広域営農団地整備計画に位置付けられた農道網の基幹となる農道の整備
事業主体都道府県





受益地農業振興地域
受益面積1,000ha以上
延長-
幅員車道幅員5.0m以上
総事業費20億円以上
自動車交通量自動車交通量のうち,農業に係るものが過半を占めるもの
国庫補助率50%
区分基幹的農道
・農業生産活動,農産物流通の農業用の利用を主体とし,併せて農村地域の社会生活活動にも利用される農道であり,農村地域の基幹的な農道
・営農団地と営農団地,集出荷施設等と一般道などを連結する農道
輸送体系※1次・2次輸送,通作

※ 1次輸送:ほ場若しくは農家から最初の積卸し地点(集出荷施設等)までの輸送
     2次輸送:最初の積卸し地点から市場までの輸送

事業実施地区(平成26年度)

広域営農団地農道整備事業

仙南2期地区(刈田郡蔵王町)
さくら大橋写真

仙南東部2期地区・さくら大橋(平成25.4供用開始)
[Googleマップでさくら大橋の位置を確認する(外部リンク)]