ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

中山間地域総合整備事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年6月3日更新

中山間地域は,自然的,社会的,経済的に条件不利地であることから,平地農村地域や都市部との経済的格差が拡大し,若年層の流出にともなう過疎化,高齢化を招いています。その一方,国民の価値観やライフスタイルの多様化により,ゆとりや安らぎを与える居住の場,癒しの場としての評価が高まるなど,食料供給の場としての役割だけではなく,都市住民の多様なニーズに応える場として期待されています。
このような地域の実情を踏まえ,本事業では中山間地域の活性化に意欲のある地域を対象として,農業生産基盤の整備や農村生活環境等の整備を併せて総合的に行うことにより,農業・農村の活性化を図り,地域における定住の促進,都市との共通社会基盤の形成及び国土・環境の保全等に資することを目的としています。
葉っぱのイラスト

 

事業の種類

事業種類の表

区分 

事業内容

1. 農業生産基盤整備事業

(1) 農業用用排水施設整備事業
(2) 農道整備事業
(3) ほ場整備事業
(4) 農用地開発事業
(5) 農地防災事業
(6) 客土事業
(7) 暗きょ排水事業
(8) 農用地の改良又は保全事業

2. 農村生活環境整備事業

(1)農業集落道整備事業 
(2) 営農飲雑用水施設整備事業
(3) 農業集落排水施設整備事業
(4) 農業集落防災安全施設整備事業
(5) 用地整備事業
(6) 活性化施設整備事業
(7) 集落環境管理施設整備事業
(8) 交流施設基盤整備事業
(9) 情報基盤施設整備事業 
(10) 市民農園等整備事業
(11) 生態系保全施設等整備事業
(12) 交換分合事業

3. 特認事業

特認事業

採択基準

  1. 離島振興法,山村振興法,過疎地域自立促進特別措置法,半島振興法,特定農山村における農林業等活性化のための基盤整備の促進に関する法律の指定を受けた市町村及び準じる市町村であり,林野率50%以上かつ主傾斜1/100以上の農地の面積が50%以上の区域であること。
  2. 中山間地域総合整備実施計画が策定されていること。
  3. 受益面積(農業生産基盤整備のうち2以上の事業の合計面積)
採択基準の表
受益面積(ha)備考
集落型 一般型60 (20) 
20 (10)

山間地域(林野率75%以上かつ主傾斜1/20以上50%以上の区域)

生産基盤型20 (10)

農業生産基盤(県営については,ほ場整備10haを含む)のみを行う

生活環境型-(-)農村生活環境整備を中心に行う
広域連携型60 
実施計画型-(-) 

※ ( )内は団体営

事業実施地区(平成26年度)

東和地区(登米市):一般型,H17~H26
南鹿原地区(加美郡加美町):生産基盤型,H19~H27
七ヶ宿2期地区(刈田郡七ヶ宿町):生産基盤型,H22~H27
前川地区(柴田郡川崎町):生産基盤型H25~H30

東和地区の事業実施状況

ほ場整備「吉田工区」

ほ場整備 吉田工区

生態系保全施設「機織沼」

生態系保全施設 機織沼

農道「天留居線」

農道 天留居線 施工前
施工前

農道 天留居線 施工後
施工後

集落道「乗越・岩ノ沢線」

集落道 乗越・岩ノ沢線 施工前
施工前

集落道 乗越・岩ノ沢線 施工後
施工後