ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

農地防災事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年10月6日更新

自然災害から地域住民の生命や財産を守り、また水田等を含む農村環境を保全するため、排水機場やため池等の整備を行う事業です。
主な農地防災事業の概要については下表に記載しております。

主な農地防災事業の概要
事業名概      要備考
ため池等整備事業
 自然的、社会的状況の変化により脆弱化し ているため池等の農業用施設の、豪雨、地震等による被災を未然に防止するために、堤体の補強等の施設の機能回復を図る対策を行う事業です。
 
 
湛水防除事業
 流域の開発や農業以外の他動的要因により排水条件が悪化した地域を対象として、湛水被害を未然に防止し、農業生産の維持と農業経営の安定及び国土保全のため、排水機場、排水路等の再整備を行う事業です。
 
 
防災ダム事業 
 台風、豪雪等で河川の増水による農地、農業用施設が被害を受け安定した経営を営むことができない地域に対して、洪水調節用ダムの新設、改修を行う事業です。
 
 
地すべり対策事業
 地すべりから農地、農業用施設を守り、農業基盤を維持することはもちろん、人家の破壊、埋没等人命の危機を除去し、または軽減するため、「地すべり等防止法」に基づき、地すべり防止区域の指定区域において、地表水排除工や地下水排除工等の地すべり活動を防止またはその原因を除去するための対策を講じる事業です。
 
 
海岸保全施設整備事業
 津波、高潮、浸食等の自然災害の被害から後背農地を防護するための堤防整備や、海岸使用の促進を図るために海岸環境を整備する事業です。
 
 

本文ここまでです