ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

沖富調整池の除草作業を実施しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年11月20日更新

  平成30年10月25日から11月2日にかけて、当部が管理する「沖富調整池」で当部職員直営による除草作業を実施しました。

 本調整池は、平成20年6月の岩手・宮城内陸地震により荒砥沢ダム上流部で大規模地滑りが発生し、貯水容量が減少した事に伴い、その容量を補うため、平成24年に農林水産省の直轄事業で整備されたもので、県が農林水産省から施設の管理を受託しています。

 今回の作業には当部の職員のべ51人が参加し、敷地内ののり面などに伸びた雑草を草刈機で刈り取りました。

 今後も関係機関と連携しながら、沖富調整池の適切な維持管理に努めてまいります。

 

除草作業前後の様子       

除草状況

お願い

除草作業中、調整池の敷地内でペットボトルや空き缶など、多くのごみも回収しました。

農業に使われる大切な調整池ですので、ごみを捨てないようご協力をお願いします。