ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

(仮称)栗原インターチェンジ整備事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月8日更新

事業計画

東北縦貫自動車道は、埼玉県川口市~青森市(青森IC)を結ぶ延長680km の高速自動車国道です。
栗原市築館萩沢地内において復興支援道路である(主)築館登米線(みやぎ県北高速幹線道路)に直結する(仮称)栗原インターチェンジを整備することで、沿線の工業団地や三陸縦貫自動車道との物流の効率化、速達性、定時性、確実性、利便性の向上が期待されるとともに、広域医療ネットワークの形成や地域間防災の連携強化を図るものです。

(仮称)栗原インターチェンジの概要

 高速道路の名称 東北縦貫自動車道弘前線

 連結予定の道路 地域高規格道路「みやぎ県北高速幹線道路」(主要地方道 築館(つきだて)登米(とよま)線)

 連結位置 宮城県栗原市築館萩沢地内

 全体事業費 約55億円

位置図

事業経緯