ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすまちづくり・地域振興交通インフラ情報一般道路「みやぎ県北高速幹線道路IV期(築館工区)事業レポート」第20号を発行しました

「みやぎ県北高速幹線道路IV期(築館工区)事業レポート」第20号を発行しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月1日更新

 平成30年度完了を目指して工事着手中のみやぎ県北高速幹線道路IV期につきまして,現在の下図におけるA~C地点,3カ所の整備状況をご紹介いたします。

あ

A地点:国道4号線築館バイパス接続部の工事に着手しました


 当工区と国道4号線築館バイパスとの接続部の工事に着手しました。来年3月頃からは国道4号築館バイパス本線部を片側交互通行にして,新たに右折車線を整備する予定です。ご通行の際はご注意いただくとともに,地域の皆様のご理解と御協力についてよろしくお願いします。

築館バイパス接続部着工写真

B地点:後沢本線橋上部工の床版コンクリートを打設しました


 10月3日の深夜に東北自動車道(築館IC~若柳金成IC間)を通行止めにして仮設した上部桁について,床版部(※1)コンクリートを打設しました。今後は,壁高欄(コンクリート製)(※2)や落下物防止柵の設置等を行い,年内に工事が完了する予定です。
(※1)床版部:橋上を通過する車両等の荷重を受ける鉄筋コンクリート構造部分
(※2)壁高欄:よく見かける鋼製の構造(欄干)ではなく,コンクリート構造の壁

後沢本線橋上部工コンクリート打設開始

C地点:萩沢忽滑沢本線橋の下部工工事を進めています


 当工区における4橋のうち1橋が完成し,残る3橋の整備を推進しています。
 萩沢忽滑沢本線橋では,上部桁を支える橋台工の鉄筋組立てやコンクリート打設を進めており,年内に工事完了の予定です。また,完了後は引き続き上部桁の架設を行っていきます。

完成予想図組立状況

 

 

引き続き工事へのご協力をお願いします。
事業レポート第20号PDFファイルはこちら→みやぎ県北事業レポートNo.20 [PDFファイル/1.31MB]

バックナンバー

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)