ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「土砂災害警戒区域」を161箇所指定しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年4月17日更新

「土砂災害警戒区域」を161箇所指定しました

 北部土木事務所管内(大崎市、涌谷町、加美町、色麻町、美里町)においては706箇所(ランク1=253箇所、ランク2=422カ所、ランク3=31カ所)の土砂災害危険箇所が存在しますが,「土砂災害防止法」に基づく、区域指定に関する現地調査が完了している箇所について,関係する地域住民への説明会を11月より2月にかけて管内16会場で実施し,このたび161箇所の区域指定を完了しました。

 これにより,平成26年度末において当管内における指定数は273箇所(ランク1=176箇所,ランク2=97所、ランク3=0箇所)となり,指定の率は全体で38%,ランク1では69%となりました。

 平成27年度は,ランク1及び「災害時要援護者関連施設」に関連する箇所を完了することを目標に,区域指定の作業を進めて参ります。

大崎市田尻地域での調査の様子
基礎調査現地調査(大崎市田尻地域)

大崎市松山地域での説明会の様子
基礎調査結果説明会(大崎市松山地域)

涌谷町での説明会の様子
基礎調査結果説明会(涌谷町)その1

涌谷町での説明会の様子その2
基礎調査結果説明会(涌谷町)その2

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)