ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

教育委員会とは

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月1日更新

教育委員会とは / 教育長及び教育委員の紹介教育委員会日程 / 教育委員会会議録 / 傍聴手続き

教育委員会とは

教育委員会は、教育に関する事務を処理するため、都道府県、市町村等に設置される合議制の機関です。
この教育委員会制度は、一般人(レイマン)である非常勤の委員で構成される教育委員会の委員の多数決により、教育行政の基本方針を決定しています。地域の教育行政を専門家だけの判断で行うのではなく、住民を教育委員会の構成員とする「レイマン・コントロール」のもとに運営されています。

宮城県教育委員会は

  • 教育委員会は、教育長と5人の委員から構成されています。
  • 教育長及び委員は、知事が議会の同意を得て任命します。教育長の任期は3年、委員の任期は4年で、再任もあります。
  • 教育長は教育委員会の会議を主宰し、教育委員会の権限に属するすべての事務をつかさどり、事務局の事務を統括し、職員の指揮監督を行います。
  • 教育委員会の権限に属する事務を処理するために、教育委員会に事務局が置かれ、指導主事、事務職員及び技術職員を置くほか、所要の職員が配置されています。

教育委員会の仕事

教育委員会が行う仕事には、主に次のようなものがあります。

  • 学校など教育機関の設置、管理および廃止に関すること
  • 教育委員会や学校など教育機関の職員の任免その他の人事に関すること
  • 児童生徒等の修学、入学、転学、退学に関すること
  • 児童生徒、教育関係職員等の保健、安全、厚生、福利に関すること
  • 学校の教育課程、学習指導、生徒指導、就職指導に関すること
  • 教科書その他の教材の取扱に関すること
  • 校舎などの施設・設備の整備に関すること
  • 学校などの教育機関の環境衛生
  • 学校給食に関すること
  • 青少年教育、女性教育、公民館活動など社会教育に関すること
  • スポーツに関すること
  • 文化財の保護に関すること
  • ユネスコ活動に関すること
  • 教育に関する法人に関すること
  • 教育に関する調査、統計に関すること
  • 教育行政に関する相談及び広報に関すること

なお、大学及び私立学校に関しては、知事が行う事務となっています。