ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす子育て・教育教育全般志教育『志』ほっとニュース 平成30年1月から平成30年3月まで

『志』ほっとニュース 平成30年1月から平成30年3月まで

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月3日更新

1月から3月までの志ほっとニュース

学校給食フェアを開催しました。

 1月24日(水曜日)から2月2日(金曜日)まで,県庁2階「カフェテリアけやき」において学校給食フェアを開催しました。学校給食フェアでは12月に行われた第5回宮城県学校給食「伊達な献立」コンクールで,受賞した5つの学校と2つの給食センターのメニューを1日60食限定日替わりで提供するものです。1月31日(水曜日)には宮城県知事賞を受賞した唐桑中学校の関係者が訪れ審査員及び主催者と共に受賞メニューを会食しました。
 学校給食は,教育活動の一環として各地域の特色を生かし,生きた教材となるように工夫をしています。今回受賞したメニューは地域の特産品などを使用し,郷土の恵みを盛り込んだ,おいしく栄養バランスのとれたものとなっております。この取組を通して宮城県産の食材や,学校給食について関心を持っていただければ幸いです。

受賞の記念撮影メニュー

工業高校の生徒が表敬訪問しました。

 1月29日(月曜日)に工業高校の生徒2名が教育長を表敬訪問しました。工業高校の生徒たちは栃木県で行われた第55回技能五輪全国大会のウェブデザイン職種で第1位(金賞)と第6位に相当する敢闘賞をそれぞれ受賞しました。この大会は高度な技能を有する社会人と職業能力開発大学校等の学生を中心に1,337名が42の職種に分かれそれぞれの技術を競うものです。今回,高校生だけではなく社会人などと競い,見事ウェブデザイン職種で入賞することができました。ウェブデザイン職種の大会内容は,インターネットなどのウェブサイトを一から制作し,必要な情報を提供するために,サーバーの設計や実装を2日間,計11時間で課題をつくりあげ,作品についてプレゼンテーションを行うものです。
 高校生が入賞し,また1位をとることは極めて稀なことです。誠におめでとうございます。

作品を説明する様子記念撮影の様子

仙台第三高校の生徒が表敬訪問しました。

 1月22日(月曜日)に仙台第三高校の生徒たちが教育長を表敬訪問しました。仙台第三高校の生徒たちは第61回日本学生科学賞で「金溶液の研究とその応用」という研究について発表し入賞しました。生徒たちは江戸時代の本からヒントを得て,新しい金メッキの方法の可能性を探り,実験や失敗などを何回も重ね,成功に結びつけ見事に入賞することができました。
 今年の5月には国際学生科学技術フェア(ISEF)において日本代表として,全国の入賞者とともにそれぞれの研究成果をアメリカのペンシルバニア州で発表を行います。発表は世界の人たちに向けて英語で行います。誠に受賞おめでとうございます。

発表の様子受賞報告の様子

 

仙台第二高校の生徒が表敬訪問しました。

 1月12日(金曜日)に仙台第二高校の生徒が第64回国際理解・国際協力のための高校生の主張コンクール中央大会で受賞したことを教育長に報告しました。この大会は高校生の主張を通して,国際連合の意義の普及を目的としたもので外務省などが主催しております。今年は各都府県の代表29名が参加し,その中で最高位となる外務大臣賞を受賞しました。3月には他の受賞者とともに,ニューヨーク国連本部訪問などの研修旅行へ参加する予定です。誠に受賞おめでとうございます。

受賞の報告先生方とともに記念撮影