ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

新県立高校将来構想

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月13日更新

新県立高校将来構想

 我が国においては,少子高齢化やグローバル化,情報化が急速に進展する一方で,地域社会においても経済環境や生活環境が大きく変化し,地方分権改革による地域の在り様も大きく変わりつつあり,人づくりを担う教育として,特に高校教育においては,社会の変化に柔軟に対応できる資質や能力の育成にこれまで以上に力を入れていくことが重要です。
 新県立高校将来構想は,こうした背景を踏まえながら,これからの地域社会を支えていく意欲や,創造性等に富んだ人づくりに向けて,これまでの各種教育改革の取組を土台として,平成23年度から平成32年度までの10年間を計画期間とした,本県における今後の高校教育改革の方向性及び高校の再編整備の方針を示すものです。

新県立高校将来構想実施計画

 新県立高校将来構想実施計画は,県立高校教育改革の具体的な取組を示したものです。変化する社会状況に対応し,また高校教育改革の取組に係る成果・課題等の検証結果等を反映させて見直しを行い,新県立高校将来構想の着実な推進を図ってきました。これまで第1次実施計画から第3次実施計画まで策定し,第3次実施計画は新県立高校将来構想の計画期間における最終の実施計画となります。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)