ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

仙台空港歴史

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月1日更新

仙台空港の歴史

主な出来事

仙台空港の歴史の表
 年 月西暦            出      来      事
昭和15年11月1940年熊谷陸軍飛行学校増田分校教育隊練習基地として飛行場建設
昭和20年10月1945年飛行場は米軍が接収し,建物は東北管区警察学校として使用 
昭和31年 1月1956年米軍から返還され、防衛庁と運輸省との共同使用開始
昭和32年 4月1957年全日本空輸株式会社(当時の日ペリ航空)が定期便就航開始
昭和39年 3月1964年政令第26号により空港整備法に基づく第二種空港の指定
昭和39年 7月1964年運輸省告示第254号により仙台飛行場を仙台空港に改称 
昭和39年11月1964年運輸省告示第401号により運輸大臣が設置及び管理する公共用飛行場として供用を開始(滑走路1,150m)
昭和42年12月1967年第一次空港整備5ヶ年計画に基づき,B滑走路2,000mの新設,誘導路,エプロンの拡張,ILS,進入灯の整備工事に着手
昭和46年 7月1971年B滑走路1,150mで供用開始
昭和47年 2月1972年B滑走路2,000mで供用開始
昭和47年 4月1972年進入灯供用開始 
昭和47年 5月1972年ILS供用開始 
昭和48年 3月1973年B滑走路の平行誘導路(B誘導路)の供用開始
昭和49年 6月1974年政令第200号により,公共用飛行場周辺における航空機騒音による障害の防止等に関する法律に基づく特定飛行場の指定
昭和52年 2月1976年VOR/DME供用開始
昭和52年 4月1976年東亜国内航空(株)(現社名:(株)日本エアシステム)が定期便運航開始(仙台~名古屋間)
昭和53年 6月1978年世界への第一歩。日本航空(株)が国際線チャーター便,仙台~ソウル間運航
昭和54年 4月1979年  全日本空輸(株)が国際線チャーター便,仙台~香港間運航
昭和54年 7月1979年空港周辺の第一種区域追加指定(運輸省告示第382号)
昭和56年 8月1981年新管制塔着工
昭和57年 3月1982年中型機用エプロン増設,ASR・SSR更新
昭和58年 4月1983年新管制塔供用開始 
昭和58年 7月1983年ICAO理事会において国際不定期用正規空港に指定
昭和58年 9月1983年TRN運用開始 
昭和59年 7月1984年ATIS供用開始
昭和60年 1月1985年航空局長により宮城県知事あて仙台空港の滑走路延長について通知
昭和62年 4月1987年B滑走路500m延長基本計画決定
昭和62年12月1987年B滑走路500m延長設置告示 (2500m滑走路化)
平成 2年 4月1990年アシアナ航空が国際定期便運航開始(仙台~ソウル間)
平成 2年 7月1990年コンチネンタル・ミクロネシア航空(現ユナイテッド航空)が国際定期便運航開始 (仙台~グアム・サイパン間) 
平成 3年10月1991年シンガポール航空が国際定期便運航開始(仙台~シンガポール間)
平成 3年11月1991年第6次空整においてB滑走路3,000m拡張の閣議決定
平成 4年 7月1992年日本航空(株)が定期便運航開始(仙台~大阪間) 
平成 4年 8月1992年ターミナル地域整備基本計画決定
平成 4年12月1992年B滑走路2,500mで供用開始 
平成 5年12月1993年香港ドラゴン航空が国際定期便運航開始(仙台~香港間)
平成 6年 9月1994年中国国際航空公司が国際定期便運航開始(仙台~北京・大連間)
平成 6年11月1994年日本航空(株)が国際定期便運航開始(仙台~ホノルル間)
平成 7年 3月1995年仙台空港周辺地域が輸入促進地域(FAZ)に指定される
平成 7年 3月1995年B滑走路500m延長設置告示 
平成 7年 4月1995年B滑走路500m延長工事着工
平成 8年 3月1996年国際線新旅客ターミナルビル供用開始
平成 9年7月11日1997年国内線新旅客ターミナルビル供用開始(グランド・オープン)
平成10年3月26日1998年B滑走路3000mで供用開始
平成11年5月15日1999年アシアナ航空が貨物定期便就航開始(仙台~ソウル) 
平成11年7月16日1999年運用時間13時間(8時から21時まで)に延長
平成13年7月1日2001年運用時間14時間(7時30分から21時30分まで)に延長
平成15年2月27日2003年中国南方航空公司が国際定期便運航開始(仙台~長春間)
平成16年9月1日2004年エバー航空が国際定期便運航開始(仙台~台北間)
平成19年3月18日2007年仙台空港アクセス鉄道開業
平成23年3月11日2011年東日本大震災発生・全ての定期便が運休
平成23年7月25日2011年国内定期便運航再開
平成23年9月25日2011年旅客ターミナルビル完全復旧及び国際定期便が一部運航再開
平成23年10月1日2011年仙台空港アクセス鉄道全線運行再開
平成24年7月30日2012年国際定期便が全路線で運航を再開
平成25年4月12日2013年ピーチアビエーション(株)が東北初となるLCCの定期便運航開始(仙台~関西間)
平成25年6月15日2013年仙台エアカーゴターミナル国際貨物棟再建
平成25年6月26日2013年ハワイアン航空が国際定期便運航開始(仙台~ホノルル間)
平成25年12月4日2013年タイ国際航空が国際定期便運航開始(仙台~バンコク間)
平成28年2月1日2016年  仙台国際空港(株)による空港ビル施設の運営開始
平成28年6月29日2016年  タイガーエア台湾が仙台空港初となる国際線LCCの定期便運航開始(仙台~台北間)
平成28年7月1日2016年仙台国際空港(株)による空港の民間運営開始
平成28年10月6日2016年トランスアジア航空が国際定期便運航開始(仙台~台北間)