ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす震災・復興震災・復興震災・復興指定施設(プレジャーボート係留施設)使用許可申請の受け付けについて

指定施設(プレジャーボート係留施設)使用許可申請の受け付けについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年5月22日更新

宮城県では,漁港内における船舶の放置・係留等による漁業活動への影響やトラブル等の防止を目的として,漁船以外の船舶であるプレジャーボート等の係留区域を,条例により指定しております。

指定施設は,先の東日本大震災により大きな被害を受け,復旧状況に応じて順次再開しているところですが,今回志津川漁港内の一部施設(南地区)について再開することとしましたので,下記のとおり新たに申請を受け付けいたします。

受付施設

・第二種志津川漁港(南防波堤横泊地)

使用開始予定時期

・平成30年6月

申請方法

申請書類

  1. 許可申請書
  2. 誓約書
  3. 船舶検査証書の写し
  4. 船舶検査手帳の写し
  5. 住民票抄本
  6. 小型船舶操縦免許の写し
  7. 船舶損害賠償保険証券の写し(保険に加入している場合)   それぞれ各1部

  申請様式はこちらから

    許可申請書 [Wordファイル/38KB]

    誓約書 [Wordファイル/28KB]

申請先(郵送可)

住所 

 郵便番号986-0732

  本吉郡南三陸町志津川字大森町86番地9

    宮城県漁業協同組合志津川支所 

連絡先

  電話 0226-46-2800

受付期間

平成30年5月23日(水曜日)から平成30年5月31日(木曜日)まで

使用料

船舶の長さ1メートルにつき一月600円

留意事項

  • 申請にあたっては,実際に現場を確認するなどした上で,申請願います。
  • 申請希望が係留可能数を超えた場合は,コンピュータを使用した抽選により利用者を決定します。
  • 申請が係留可能数に満たなかった場合は,随時申請を受け付けます。
  • 係留場所は指定できません。

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。