ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

漁業士について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月27日更新

漁業士について

 

漁業士とは

 漁業士は,地域漁業を担う中核的漁業者として,また,地域漁業者に対する漁業技術の向上,経営改善等の指導活動を通じ,地域における漁業生産を支える人材の確保・育成に貢献する者として宮城県知事が認定する優れた漁業者です。漁業士は,活動経験や年齢に応じて,「青年漁業士」と「指導漁業士」に区分されます。

 

漁業士の認定基準

<青年漁業士>

  • 宮城県が行う青年漁業士養成講座を履修した者,又はこれと同等以上の資質を有すると知事が認めた者であること。
  • 5年以上の漁業従事経験を有し,かつ,将来とも漁業に従事して地域漁業の中核的漁業者となることが見込まれる満40歳未満の者であること。
  • 漁業青年等の集団活動に積極的に参加し,指導的な役割を行うことが見込まれる者であること。

<指導漁業士>

  • 漁業技術や経営管理能力が優れており,かつ,地域自立経営型漁業者として先進的経営を行っている者であること。
  • 漁村青少年等の育成指導,地域漁業活動に積極的に参加し,かつ,これに理解を有する者であること。
  • 漁村青少年等に対する魚食普及,伝統文化の保存・継承活動に参画し,かつ,これに理解を有する者であること。
  • 漁村女性のリーダーとして優れた実績を有し,漁村地域活性化,生活改善活動において中核的役割を果たしている者であること。

 

宮城県漁業士会北部支部

 宮城県漁業士会北部支部は,気仙沼市及び南三陸町で活動する漁業士で組織される団体です。平成29年2月1日現在の部員数は36名(指導漁業士28名,青年漁業士8名)となっています。相互の密接な連携のもと,親睦・研鑽を図るとともに,関係機関と連携しながら漁村地域の活性化に寄与することを目的として活動してます。

 

<漁業士会北部支部の詳細は下記のサイトをご覧ください(外部リンク)>

宮城県漁業士会ホームページ

 組織体制,部員の紹介,活動記録などがつづられています。

宮城県漁業士会北部支部のフェイスブックページ

 漁業士のリアルタイムな活動の他,イベントや募集などの情報を発信してます。「いいね!」をよろしくお願いします。

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。