ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす県政・地域情報広域圏情報気仙沼・本吉きのこ山菜生産推進連絡会が開催されました

きのこ山菜生産推進連絡会が開催されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月7日更新

 東日本大震災に伴う原発事故により,当管内では,きのこや山菜の出荷が制限されていますが,これまでの生産者の努力で「原木しいたけ:3名」や「くさそてつ(こごみ):気仙沼市産」で制限解除に至っています。このため,今後さらに多くの安全な山の幸が出荷可能となるよう,平成27年度から関係者の連絡調整会議を開催しており,今年度も下記のとおり第1回目を開催しました。 

 ○開催日時:平成29年8月3日 木曜日 午後1時から3時まで

 ○開催場所:南三陸農協本吉支所会議室

 ○参集者:しいたけ等生産者,農協関係者,気仙沼市農林課(9名),当所農林振興部4名

 ○協議・連絡内容

  ・原木しいたけ出荷制限解除後の放射能測定計画などについて

  ・気仙沼市産こごみの出荷制限解除と次期に向けた出荷再開方法について

  ・その他(補助事業案内,原木林放射能汚染状況調査,農林業系廃棄物の処理加速化事業 など)

 ⇒今後とも当部では,原木きのこや山菜の生産拡大・出荷再開に向け,関係者支援や連絡体制を整えていきます。

  ※なお,連絡会終了後,東京電力HD(株)東北補償相談センター農林業担当の方々から,原木きのこの生産再開に係る費用賠償の請求受付について,参集者に向けた説明と案内があり,当部としてもこの件に関して,他該当者への連絡調整を行う予定です。

会議の様子