ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす県政・地域情報広域圏情報気仙沼・本吉GAP・ドローン活用研修会を開催しました

GAP・ドローン活用研修会を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月23日更新

 東日本大震災からまる7年が経過し,これまでの震災復旧の取組に加え,新たな視点で農業生産を展開するため,平成30年3月19日,気仙沼市本吉公民館において,「GAP・ドローン活用研修会」を開催しました。

 GAP(農業生産工程管理)については,株式会社アースコーポレーション 代表取締役 菊地利正氏から「産地で取り組むGAPの導入について」と題して,GAP導入の必要性を丁寧に講演いただき,理解を深めることができました。 

 また,様々な分野での活用が注目されている無人航空機ドローンについては,東光鉄工株式会社 シニアマネージャー 鳥潟與明氏から「農業ドローン,最前線」と題して,農業分野でのドローンの活用の現状や将来の可能性を紹介いただき,高齢化や担い手不足の課題解決の一つの方法として提案いただきました。

 出席者からはGAPやドローンに対する関心の高さが伺われ,営農再開の取組がさらに前進することを期待します。

GAP・ドローン活用研修会
 GAP講演        ドローン講演 

菊地社長の分かりやすい説明に

聞き入る参加者

ドローンの実物を前に熱心に

質問する参加者