ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす県政・地域情報広域圏情報気仙沼・本吉気仙沼市最知地区及び小泉地区の水稲乾燥調製施設が今年から稼働!

気仙沼市最知地区及び小泉地区の水稲乾燥調製施設が今年から稼働!

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月5日更新

気仙沼市最知地区と小泉地区では,東日本大震災で被災した農地の復旧が進み,地域の営農組合が水稲の作付を再開しています。今年度の水稲の作付面積は最知地区が約10ha,小泉地区が約20haであり,9月下旬から黄金色に輝く水田の中にコンバインが入り,収穫作業が急ピッチで行われています。


昨年は,近隣の施設に乾燥調製を委託しておりましたが,今年,東日本大震災復興交付金(被災地域農業復興総合支援事業)を活用した念願の水稲乾燥調製施設が完成し,稼働の日を待つばかりとなっていました。最新鋭の機器を備えた当施設は地域農業を支える重要な施設であり,ようやく先進的で効率的な農業の実現となりました。

晴天の下,当施設には収穫された米が軽トラックで次々と運ばれ,作業員は皆笑顔で荷受け作業に当たっていました。

 
最知地区の水稲乾燥調製施設小泉地区の水稲乾燥調製施設荷受け作業(小泉地区)
最知地区の水稲乾燥調製施設小泉地区の水稲乾燥調製施設(内部)荷受け作業(小泉地区)