ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす県政・地域情報広域圏情報気仙沼・本吉いもち病・斑点米カメムシ対策を実施しましょう(第2回米づくり推進気仙沼地方本部会議を開催しました)

いもち病・斑点米カメムシ対策を実施しましょう(第2回米づくり推進気仙沼地方本部会議を開催しました)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月19日更新

 7月12日(木曜日)に気仙沼合同庁舎において,第2回米づくり推進気仙沼地方本部会議を開催しました。

 会議では,7月5日に県庁で開催された「第1回水稲生育診断会議」の内容を伝達し,水稲の生育状況や今後の栽培管理について情報共有を図るとともに,今後の病害虫防除に係る情報を的確なタイミングで生産者へ周知する体制について検討を行いました。

 いもち病と斑点米カメムシ類による被害は,米の収量および品質を大きく低下させることから,下記チラシを参考に防除対策を徹底することが重要です。今後の気象経過によっては,稲の生育ステージが前後する可能性がありますので,天気予報や生育状況を確認しながら,適期を逃さないように実施しましょう。

いもち病・斑点米カメムシに注意しましょう [PDFファイル/381KB]

 

 

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)