ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす気仙沼地方振興事務所 農業振興部平成29年度第2回宮城県米づくり推進気仙沼地方本部会議を開催しました

平成29年度第2回宮城県米づくり推進気仙沼地方本部会議を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月11日更新

 南三陸米の安定生産と品質向上には,主要病害虫である「いもち病」と「斑点米カメムシ類」の防除対策が重要であることから,今年度の稲作推進基本方針の重点推進事項に位置づけ,関係機関及び生産者が一体となって取組を進めることにしております。

 そこで,7月6日木曜日に気仙沼合同庁舎において,第2回宮城県米づくり推進気仙沼地方本部会議を開催し,水稲の主要病害虫の防除対策の徹底に向けて検討を行いました。

 会議では,7月5日に県庁で開催された「第1回水稲生育診断会議」の内容を伝達し,水稲の生育状況や今後の栽培管理のについて情報共有を図るとともに,防除に係る情報を関係機関が連携して的確なタイミングで生産者へ周知し,防除対策の徹底を図ることとしました。 

 米づくり推進気仙沼地方本部では今後も,高品質・良食味米生産の取組を関係機関が連携して支援します。

 

いもち病・斑点米カメムシ類防除対策チラシ [PDFファイル/428KB]

 

 

防除対策を検討

防除対策を検討

 

 

 

 

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)