ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす気仙沼地方振興事務所 農業振興部「低温に関する異常天候早期警戒情報」が発表されました。

「低温に関する異常天候早期警戒情報」が発表されました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年7月15日更新

 平成28年度7月11日14時30分に,仙台管区気象台から「低温に関する異常天候早期警戒情報」が発表されました。
発表によれば,東北地方では7月19日頃からの約1週間,かなりの低温[7日平均地域平年差-3.2℃以下]となる確率が30%以上と見込まれています。

 三陸沿岸地域の移植水稲は7月7日頃に幼穂形成期に入っていることから,最も低温に弱い減数分裂期は7月17~27日頃と予想されます。
 この時期にかなりの低温が予想されることから幼穂保護の深水管理を徹底してください。

 詳細については,低温に伴う水稲の技術対策情報低温注意喚起チラシ [PDFファイル/109KB]をご覧ください。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)