ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす気仙沼地方振興事務所 農業振興部「平成28年度第3回宮城県米づくり推進気仙沼地方本部会議」を開催しました。

「平成28年度第3回宮城県米づくり推進気仙沼地方本部会議」を開催しました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月28日更新

 12月14日水曜日にJA南三陸本吉支店会議室において第3回宮城県米づくり推進気仙沼地方本部会議を開催し,平成28年産水稲の作柄概況及び平成29年度稲作の取組みについて関係機関による情報共有と意見交換を行いました。

 気仙沼・本吉地方を含む県東部地域の作況指数は104(やや良)であり,品質については1等米比率が76.8%(H27年同期68.9%)と昨年を上回る結果となりました。これまでの稲作の現状や課題を踏まえ,平成29年度の稲作については,平成29年度稲作推進の基本方針において,(1)「南三陸米」の生産安定と品質向上における基本栽培技術の推進,(2)客土による復旧農地の適切な肥培管理,(3)省力・低コスト稲作の推進,(4)新たなブランド米の導入検討の4つの重点推進事項を掲げ,生産者や関係機関が一体となって取り組むこととしました。

 今後も,米生産農家の経営安定,南三陸米の安定生産のため,関係機関が連携し課題解決に取り組みます。

 

→気仙沼・本吉地方平成29年度稲作推進の基本方針はこちらH29稲作推進の基本方針 [PDFファイル/189KB]

→平成29年度米づくり推進地方本部の活動計画はこちらH29活動計画 [PDFファイル/61KB]

 

次年度の稲作の取り組みについて協議しました

次年度の稲作の取り組みについて協議しました

 

 

 

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)