ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす震災・復興震災・復興震災・復興草木沢地区農地海岸復旧工事の完了について

草木沢地区農地海岸復旧工事の完了について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月27日更新

 平成29年10月、気仙沼地方振興事務所が進めていた草木沢地区農地海岸復旧工事(工事番号:H26南三陸地区(県営海岸災)-063号)がついに完成となりました。当事務所では、平成23年東北地方太平洋沖地震災害による津波被害とその後の地盤沈下の進行の他、JR気仙沼線のBRT専用バスレーンが近接している等の同地区のさまざまな現場状況を考慮した結果、最も効果的な防災対策として「L1堤防の建設」及び「防潮堤の嵩上(かさあ)げ」「船揚場(ふなあげば)の整備」等を同時並行的に行う一体型の復旧工事を進めてまいりました。

草木沢地区における堤防着工前の状況

草木沢現場:着工前の様子(防潮堤側から)  草木沢現場:着工前の様子(内陸側から)

 防潮堤側から撮影             内陸側から撮影

完成した「L1堤防」

草木沢現場:完成したL1堤防(防潮堤・船揚場側)  草木沢現場:完成したL1堤防(内陸側)

防潮堤側から撮影               内陸側から撮影

 宮城県は、発生頻度の高い津波(※数十年から百数十年に一度程度)への防災対策として、海岸堤防等の整備を中心に進めています。当事業では、最大限に人命等を守ることを目的としており、施設最頂部を超える高い津波が襲来しても避難時間の確保が可能で全壊する恐れの低い、粘り強い構造の海岸堤防等を設計・採用しています。

工事完成後の草木沢地区農地海岸(H29.11月現在)

草木沢地区の全景(H29.11月現在)

「L1堤防の建設」及び「防潮堤の嵩上(かさあ)げ」、「船揚場(ふなあげば)の整備」等の一体型復旧工事

農地海岸「草木沢地区」の概要説明資料

概要説明資料 [PDFファイル/1.49MB]

 

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)