ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす県政・地域情報広域圏情報気仙沼・本吉県政だより「7つの地域から虹メール」(気仙沼地域版)(平成28年)

県政だより「7つの地域から虹メール」(気仙沼地域版)(平成28年)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月1日更新

気仙沼市本吉産業まつり2016開催!(平成28年11・12月号)

実りの秋を迎えた本吉地域で、「気仙沼市本吉産業まつり2016」を開催します。

当日は、地域で生産・加工された農林水産物や特産品などが販売されるほか、お楽しみ抽選会や餅まきなどの各種イベントが開催されます。

また、会場では、地元食材を使った料理コンテストである「『食』おらほの一番グランプリ」の最終審査が行われ、来場者の方に試食・投票していただき、グランプリを決定します。

収穫の秋を楽しみに、皆さんでぜひお越しください。

本吉産業まつり

開催日11月6日(日曜日)

場所気仙沼市本吉総合体育館(気仙沼市本吉町津谷新明戸136)

お問い合わせ
気仙沼市本吉産業まつり実行委員会事務局(気仙沼市本吉総合支所産業課内)
TEL:0226-42-2976

「南三陸・海のビジターセンター」がオープンします(平成28年9・10月号)

今年10月、南三陸町戸倉に自然情報発信・環境学習施設「南三陸・海のビジターセンター」がオープンします。

この施設は、スタンドアップパドルボードやシーカヤックなど、自然を楽しめる体験プログラムの拠点として、また、自然体験リーダーの育成の場として活用されます。

来年4月には、石巻市北上に同様の施設として「石巻・川のビジターセンター」がオープンする予定です。

南三陸町と石巻市では、自然観察会やハイキングなどの体験プログラムを月1回開催しています。今後は、三陸復興国立公園の自然情報や、地域の魅力についても発信していく予定です。

自然体験を楽しみながら、自然について学んでみませんか。

南三陸・海のビジターセンターの画像

 

 

 

 

 

お問い合わせ
南三陸・海のビジターセンター準備室
Tel0226-25-7622

第65回気仙沼みなとまつり(平成28年7・8月号)

復興支援への感謝を込めて「気仙沼みなとまつり」を開催します。

初日は田中前大通りを会場に、「一緒に参加しませんか?」を意味する当地方の方言が名付けられた「はまらいんや踊り」が行われ、参加団体が工夫を凝らした踊りを披露します。

2日目は、八日町地区を中心に市役所前などで街頭パレードが開催されます。

夕方からは、港町臨港道路を会場に地元などの太鼓団体による「打ちばやし大競演」やねぶたを積んだ船で太鼓を演奏する「海上うんづら」が行われ、最後に気仙沼湾内から打ち上げられる花火が夏の夜空を彩ります。

気仙沼の夏を体感できるお祭りに、足を運んでみてはいかがでしょうか。

気仙沼みなとまつりの写真

 

 

 

 

 

 

 

日時8月6日(土曜日)、7日(日曜日)

お問い合わせ
気仙沼みなとまつり委員会
Tel0226-22-4600

ツツジの名所「徳仙丈山」(平成28年5・6月号)

気仙沼市にある徳仙丈山は、ツツジの名所として有名です。

毎年5月中旬から6月上旬にかけて、ヤマツツジやレンゲツツジが見頃を迎え、県内外から多くの観光客が訪れます。

登山口を過ぎると、見上げるほどに成長したツツジが連なり、中腹にある第1展望台からは、辺り一面に広がるツツジを目にすることができます。

天気の良い日には、山頂から眼下に広がるツツジの朱色と、太平洋の青のコントラストが絶景です。

ツツジの開花状況や、ツツジの開花に合わせて実施されるイベント情報については、下記までお問い合わせください。

徳仙丈山の写真

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ
気仙沼市観光課
Tel0226-22-3438

岩井崎の縁起物「龍の松」が復活しました(平成28年3・4月号)

気仙沼市の景勝地・岩井崎には、東日本大震災の津波により被害を受け、その幹や枝の形が龍のように見える「龍の松」があります。高さ約2.5メートル、幹周り約1.7メートルのクロマツで、その姿から、辰年であった2012(平成24年)年には縁起の良い松として話題になりました。

この松は海水をかぶった影響で枯死し、倒壊の恐れがあったことから、昨年7月に切断・搬出され、保存作業が進められていましたが、今年2月末に作業が完了し、8ヵ月ぶりに元の場所に戻されました。

復活した復興のシンボルに足を運んでみてはいかがでしょうか。

龍の松の写真

 

 

 

 

 

 

 

住所気仙沼市波路上岩井崎1-1

お問い合わせ
気仙沼市観光課
Tel0226-22-3438

第33回河北新報気仙沼つばきマラソン参加者募集!(平成28年1・2月号)

気仙沼大島は気仙沼湾内に位置し、気仙沼港からフェリーで約30分の距離にあります。

北側の亀山からはリアス海岸の美しいパノラマが一望でき、その景色は「緑の真珠」と詠まれるほどです。

4月には島のシンボルであるツバキの花が咲き誇り、「つばきマラソン」が開催されます。

ツバキの花やマラソンを楽しみながら、気仙沼大島の春を感じてみてはいかがでしょうか。

大島の写真

 

 

 

 

 

 

 

気仙沼つばきマラソン

日時4月17日(日曜日)(申込受付は1月19日(火曜日)~3月13日(土曜日))

場所気仙沼市大島

お問い合わせ
同実行委員会事務局
Tel0226(21)3421

気仙沼大島の観光に関すること

お問い合わせ
気仙沼大島観光協会
Tel0226(28)3000

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。