ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

韓国航路の中国延伸が決まりました

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年5月29日更新

外貿定期コンテナ航路

外貿定期コンテナ航路の韓国航路については,昨年3月から仙台塩釜港(仙台港区)へ寄港しておりますが,6月18日(火曜日)より中国の寧波(ニンポー),上海及び韓国の蔚山(ウルサン)まで延伸することとなりますのでお知らせいたします。

今回,延伸される航路は,仙台塩釜港と中国の寧波,上海をダイレクトに結ぶ航路であり,現在,就航している中国/韓国航路(大連,上海等)と併せ,中国・韓国の各港との輸出入の利便性が更に向上いたします。

なお,外貿定期コンテナ航路は,中国/韓国航路が3航路・週3便,北米西岸航路が1航路・週1便の計4航路・週4便となり,東北・宮城に立地する荷主企業にとっては,輸出入の選択肢が拡がり,物流コストの削減,国際競争力の強化に資するものと期待されます。

県としましては,東北唯一の国際拠点港湾として,引き続き物流の活発化を通じ,復興に貢献できるよう取り組んでまいります。

1, 第1船寄港日時

日時

平成25年6月18日(火曜日) 時間は未定

場所

仙台塩釜港(仙台港区)高砂埠頭

2,寄港船社

  • 興亜海運(株)(代理店:三栄海運(株),三陸運輸(株))
  • 高麗海運(株)(代理店:高麗海運ジャパン(株),塩竈港運送(株))

※上記2社とも本社は韓国であり,2社による共同運航(1船ずつの配船)となります。

3,寄港地

 新

仙台(火曜日) ~ 小名浜(水曜日) ~ 釜山(金曜日・土曜日) ~蔚山(土曜日) ~ 寧波(月曜日・火曜日) ~上海(火曜日・水曜日) ~釜山(木曜日・金曜日) ~釜山新港(金曜日・土曜日) ~ 清水(日曜日・月曜日)~仙台(火曜日)
※毎週火曜日寄港(週1便)1ループ14日

 旧

仙台(金曜日) ~ 釜山新港(月曜日) ~ 釜山(月曜日・火曜日) ~清水(水曜日)~ 仙台(金曜日)

4,その他

6月18日の寄港に併せ,仙台塩釜港(仙台港区)高砂コンテナターミナル内において,歓迎セレモニーを予定しておりますが,入港時間等が未定なことから,決まり次第おってお知らせいたします。