ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす港湾課ガントリークレーンの供用を再開しました

ガントリークレーンの供用を再開しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年9月10日更新

仙台塩釜港(仙台港区)高砂コンテナターミナルにおいてはガントリークレーンが、4基設置されていますが、東日本大震災によって全て使用不能となっておりました。今般、そのうち1基(2号機)の修理が完了し、9月5日(月曜日)に供用を再開しました。
これまでは、企業活動の早期再開を支援するため、ガントリークレーンの代替機を用意して、6月から高砂コンテナターミナルの業務を再開しておりましたが、ガントリークレーン2号機の供用再開により、荷役作業時間が約2分の1に短縮することから、大幅に利便性が向上します。
また、残り3基のガントリークレーンも順次供用再開する予定で、現在使用不能となっている高砂2号ふ頭の復旧と併せて、高砂コンテナターミナルの荷役体制等を整えることにより、現在、休止している外貿定期コンテナ航路の再開に万全を期して参ります。

ガントリークレーン荷役状況(平成23年9月5日)

仙台塩釜港湾事務所長によるガントリークレーン工事概要説明

仙台塩釜港湾事務所長による工事概要説明写真です

東北地方整備局塩釜港湾・空港整備事務所長による工事概要説明

国直轄事務所長からの工事概要説明写真です

ガントリークレーン供用再開1 

ガントリークレーンの写真です

ガントリークレーン供用再開2

ガントリークレーンのつり上げ写真です