ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす港湾課仙台塩釜港(仙台港区)に震災後第2船目となる外航船が入港しました。

仙台塩釜港(仙台港区)に震災後第2船目となる外航船が入港しました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年6月15日更新

仙台塩釜港(仙台港区)においては、5月27日(金曜日)地震発生後初めてとなる外航船が入港したところですが、6月15日(水曜日)、第2船目の外航船が入港しました。
宮城県では、大気・海水の放射能等の測定を定期的に実施し、仙台塩釜港の安全性について広く周知してまいります。なお、今後も下記のとおり外航船の入港が予定されております。

入港船舶

船名

「SHUN FA6(シュン ファシックス)」

船籍

シエラレオーネ

総トン数

852トン

船舶代理・港湾荷役

塩竈港運送株式会社

寄港岸壁


  高松ふ頭

船舶の写真です 

6月の外航船入港予定

6月外航船入港の表
時期  船名貨物名 寄港岸壁  取材許可
 6月16日 GOLD MENAM(ゴールドメナム) 合板 中野2号ふ頭 ○
 6月下旬 DYNA CRANE(ダイナクレーン) 石炭 向洋ふ頭 ―
 6月下旬 GLOBAL GARLAND(グローバルガーランド) 原木 中野5号ふ頭 ―

※詳細な情報や取材等については仙台塩釜港湾事務所鈴木(電話番号:022-254-3131)までお問い合わせ下さい。