ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす港湾課高砂コンテナターミナル

高砂コンテナターミナル

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年5月19日更新

仙台港高砂コンテナターミナル

仙台港区航空写真
赤、青、白色とりどりのコンテナが次々と運ばれていく仙台港。平成2年より開始されたコンテナ貨物取扱量は、毎年10数%の伸びを示し、初年の778TEUから平成21年には約18万TEUと大幅に増加しました。そのコンテナ貨物を取り扱っているのが仙台港高砂コンテナターミナル。大型船舶接岸可能岸壁2バース、ガントリークレーン4基を有するヤードの総面積約21ヘクタールの高砂CYは、東北地方のゲートウェーとして、その役割は年々高まってきています。
大型コンテナ船とガントリークレーン
くん蒸施設、コンテナフレートステーション(CFS)、メンテナンスショップ等基本施設はもとより、マーシャリングヤードに隣接した空コンテナヤードも整備しており、仙台港でのスムーズな荷役作業を可能にしています。
平成17年8月には、従来片側2車線だったゲート前道路を中央分離帯の一部を切除するなどして6車線化し、ゲート待ち渋滞の解消策を取り入れたところです。
また平成18年8月には、ゲートを2カ所に増やし、実入りコンテナと空コンテナそれぞれの専用ゲートを設置したほか、高砂CYに隣接して、シャーシプールを用意し、リードタイムの短縮に寄与しています。
皆様からのご要望が多かった「リーファーコンセント」については、平成19年6月に105個に増設しました。とりわけ水産品の多い、中国/韓国航路 を御利用の皆様のご要望にお応えできるかと考えております。

高砂コンテナヤード拡張計画の写真です

さらに平成18年度から、さらなる貨物量の増大に対応するため、ヤードの増設計画の検討に着手し、現在工事中であり、平成24年度に暫定供用開始を予定しております。
また、船舶の大型化に対応するため、大型ガントリークレーンを平成21年10月に供用を開始しました。これにより、超大型船の寄港にも効率的な荷役が可能となりました。
今後も、皆様のご意見・ご要望をお聞きしながら、「すぐにできるもの」「中期的に対応するもの」「将来的に対応させていただくもの」をお示ししながら、整備を進めてまいります。

大型コンテナ船荷役作業の様子

世界的に船舶の大型化やコンテナライゼーションに代表される輸送革新は今後ますます進展していくことが予想されます。
宮城県では、これらの動きに対応して、東北唯一の特定重要港湾として、仙台港を東北地方の物流拠点としての機能強化を図り、国際海上コンテナターミナルとしての利便性を高めていくこととしております。

埠頭の状況

所在

仙台市宮城野区港1丁目

面積

215,900平方メートル(ドライコンテナ2,160TEUスロット,リーファーコンテナ60TEUスロット)

岸壁

  • 水深-12m・バース延長270m(1号岸壁)
  • 水深-14m・バース延長330m(2号岸壁)

関連施設等の状況

ガントリークレーン;4基
ストラドルキャリア;11台
リーファーコンセント;105個(440V・220V対応)
管理棟;1棟
ゲートハウス;一式
トラックスケール;1基
コンテナフレートステーション(CFS);1棟(1,500平方メートル)
メンテナンスショップ;1棟
燻蒸施設;1棟
シャーシプール;15,295平方メートル

CIQ体制

税関 横浜税関仙台塩釜税関支署

電話番号;022-259-4306

出入国管理 仙台入国管理局

電話番号;022-256-6076

植物検疫 横浜植物検疫所塩釜支所(昭和53年指定)

電話番号;022-362-6916

動物検疫 動物検疫所仙台空港出張所(昭和48年指定)

電話番号;022-324-2302

食品検査 仙台検疫所

電話番号;022-367-8102

ターミナル管理

(株)ブルースカイ同 高砂埠頭管理事務所

電話番号;022-388-7742